FC2ブログ
いまはあんまりゲームやってないです
坑道を抜けてアサクサに到着。まずはターミナルで記録・・する前に湧いたように出ました白騎士。
「守りなど許さーん。攻めてこーい!。」そう言いつつも魔人騎士てば、補助反射回復持ちのヴァーチャーを召還するわけで。「ずるいな~。」「そう言う貴様は俺を連れてるわけだから。」そうなんですよ白騎士がこっちにもいるんデスヨ。戦う前に呼ぶのはストーリー的にNGだけど。他でシバってるしどうか勘弁。「じゃまあお互い様ということで。」

白騎士はデカジャ持ちだからまずはランダマイザMaxまで入れる。両脇のヴァーチャーは倒しても再度召還されちまうので騎士自体を殴る。ピクシーたんのみヴァーチャーに「吸血」。補助入ってるとすげー吸える。2回吸った後に敵ターンでヴァーチャーがメディラマしかし「MPが足りない」よっしゃあ!!。やってみたかったんだよこういうの。でかしたピクシーたん。もう一方のヴァーチャーにも「吸血」。まもなくこっちも「MPが足りない」。MPが足りなくとも機械的にラクンダとメディラマを繰り返してくるから、もはやヴァーチャーはいないも同然。間違って殴り倒さないように気をつけて白騎士を先に。そっちが終わったらこっちも。ボチボチに終了。

ホワイトライダー戦時
Lv41 主人公
Lv29 ピクシー
Lv56 ホワイトライダー
Lv59 レッドライダー

ようやくターミナルの小部屋に入る。と聖サン登場。ターミナルあるところにおっさんアリ。「や~悪い。お前に頼んどいたのに自力で来れたよ。」イエ頼まれてたことを忘れてたので問題ないス。「街のなかでも見て来いよ。そんで戻ってきた頃には俺が何か思い付く予定だから。」そんじゃまあそうしますか。

街の奥の方に行ってみる。長屋みたいな建物が散らばってるのの手前から。・・と。とある小部屋の前でふと凍りつく俺の足。・・・あ。思い出した。てか

忘れてたー!!!。

ななななんてこと。本来なら序盤はこのことばかりを日々憂うはずの俺が、今周は今の今まできれいさっぱり忘れてた。全く思い出さなかった。なんてこと。ピクシーたんのことばっかり考えてたせいか?それにしても・・なんてこと。

「どしたのゴシュジン。すごーく顔色悪いけど。」「・・べつに。なんでもナシ。」とりあえず先を急ごう。そのへんバタバタ歩き倒して取るもの取ってサカハギに会ってフトミミ氏にも再会したらターミナル経由で帰還。

「お。早かったな。案の定俺はいろいろ思い立ったぞ。話は長いが要するにお前はオベリスクに登れとそういうことだ。オベリスクに行くにはニヒロ第二エントランスから」「分かった。あとでいい?。俺ちょっと寝る。」「?。」「とりあえず安静にする。じゃオヤスミナサイ。今動くと俺吐くから。」「・・・。」

「おーい、そこの妖精さん、コイツ、どうしたんだろうな。」「・・さあ?。」


次、地獄パズルです

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム


管理者にだけ表示を許可する
http://megaten03.blog43.fc2.com/tb.php/305-00e37ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 真・女神転生Ⅲノクターン攻略 3周目 all rights reserved.
このブログについて

kei

Author:kei

真Ⅲ3周目に始めたブログなのでそういうタイトルのまま現在に至る。アトラス系ゲームの記録です。

主人公の日記形式という珍妙な企画でしたが後半は大体素。

明日への指針 

過去の戦歴
最新コメント
最近の記事
「3周目」内検索

※ブランク区切りでキーワードを複数指定すると、それらのキーワード全てを持つ記事のみ抽出します

リンク
データ & ツール

葛葉ライドウ対超力兵団 葛葉ライドウ対アバドン王 真・女神転生Ⅲ NOCTURNE  マニアクス&クロニクル 真・女神転生 STRANGE JOURNEY

月別アーカイブ
RSSフィード
ご連絡等

Link Free。ご自由にお願いします。

その他ご連絡は下記ボタンより管理人にメール送信下さい。