いまは STRANGE JOURNEY やってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やって来ましたオベリスク。まずは裏から入ってドロップいらずのアイテムをゲットしたら表から入り直し。かつての3姉妹戦のちょいと下あたりが入口になっている。前はココ飛び降りれないくらい高かったのになあ。
オベリスクからカグツチ塔に入るとき、カグツチに心を覗かれました。無印じゃこのイベントは神殿でだったけど。「おお・・おまえの心の内や見えず。」それってどうなの。GoodEndと悪魔Endの時はどっちもそう言われたんだっけか、記憶は曖昧。通算8周目でエンディングに確信無しってどうなん。
各コトワリが四方に陣取ってる場所ではマネカタエリアに到着。GoodEndもしくは悪魔Endなのは確定らしいです。一応他のコトワリのとこも回って香ゲット。エストマonでも雑魚スルトが出まくるからレベルも上がる。力をメインに上げて香も使ってようやく24。カグツチ1のターミナル到着したらイケブクロに戻る。地下牢奥の扉を開けてガイアげっと。ガイアと言えば地母の晩餐だよね~でも貫通付いてないと使い勝手がいまひとつ。
カグツチに戻って更に登る。ガツガツ登る。プチパズルな石の動かし方は過去の俺メモ参照。
186~188階、南北に並んだ3つのブロックを南側(入ってきたほう)から見て前中奥、とする。それを動かす順が、1.中を上に、2.前を上に、3.奥を上に、4.中を下に。
ガツガツ登りつつも宝石箱を煌天まで待ったりするからレベルも上がる。そんなこんなで1-Aのターミナル。この先はアーリーマン。

さてどうしよう。俺のレベルを遥かに超えるスタイリッシュ魔人が後ろに控えてて、使わない手はないんだけど。でも俺が必要だと思うスキルを紅白騎士2体に分散して付けてるから、どっちが欠けても心許ない。いいや行けるとこまでいまのメンツで行こ。

更に登った先、マネカタが倒れてるその向こうの扉を開ける。そういや旧作ではアンラ・マンユて読みのがいたっけ。でも見た目を思い出せないや。こんなに赤くて広長いんだっけか。
アーリマンは勝手に攻撃制限付けてきます。守らないと即死なのでドキドキ。気合いを溜めるのはMP消費するから魔法認識だっけか、前周にそれで死んだ。ちなみにダンテのスティンガーは万能属性だけど物理と認識されるらしいデスヨ。ひっかけだな~。
「物理禁止」の段階で補助入れ倒し。でも第二形態のアーリーマンは両デ持ち。カジャ系Maxに入れてあっさりデされると悔しいから各カジャ累積3回でやめとく。まあ充分。補助入れるだけ入れたら攻撃、間もなく第二形態。そしたら制限関係ナシ。ガツガツ殴る。1ターン2アクションを俺に回して、気合いを溜めて公団。違う光弾。破邪の光弾。お~一殴りのダメージ3000超える。すげくない?俺。とか思ってたら、光弾3~4発で・・終わり。うっそマジで?!。死魔の触手、末世破、メギドラオン、どれも喰らってないですが!。末世破とメギドラオンは万能なので、デされた後にきたらピクシーたんがヤバイとビクビクしてたんだけど。なんでだろ、俺らのレベルが低めだから??。いずれにしても助かった。

Lv75 主人公
Lv55 ピクシー
Lv72 ホワイトライダー
Lv74 レッドライダー

「今のでっかいヤツ、たいしたことなかったね。」イヤイヤイヤ!。それにこんなのが続くハズはないんだよこの後は特に。「それにアンタも強くなったのかな、ゴシュジン。」「でっしょ~言ったじゃん俺大器晩成て。」
「ね、あのビームみたいなの、どうやって出すの?。」「それは俺にも分からない。」

スポンサーサイト

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ターミナル経由で神殿へ。中枢に入ったら三角のを置くべきとこに置く。カグツチ塔がオベリスクを打ち据える様を目の当たりにしたような気がするけど俺は神殿内部にいるんだから見てない見てない。神殿内部に忽然と金髪小僧&婆さんユニット登場。深界の門開ける前にカグツチに登ると門が開かなくなるらしいんだけど、婆さんがその旨やんわり告げてくる。「貴方なら、今までに無い立派な悪魔になれる事でしょう。」そりゃどうも。でも前になったからいいです。

そしたら第五カルパの門開けに行きますか。カグツチ戦の全体万能にピクシーたんが耐え切れるか分からんし。てか悪魔Endならそんな戦い自体が無いわけだけど、GoodEndへの希望を捨て切ってないので。とすると更に、第五でやっとくことがある。そっちはやや憂鬱。
ターミナル経由で深界、第四冥府の道の先、スイッチは押してあるし普通に歩く。覗けとばかりに穴があるので覗く。車椅子爺と喪服女の小劇場で聖サンの身の上が語られる。何度聞いても業罪の意味が分からん。まあいいや先を急ごう。開始当初にもらった一本目のメノラーを灯して開いた門の先へ。ふ~ようやくメノラー無くなった。かさばるし重いしコレ持って歩くの大変なんだよ。第四開く前なんて何本持ってたんだ?よく移動できたもんだ。ホントに。

「ん?またなんかいるね。」「知ってる。」「あのひとかな?。」「うん。」「あれ?機嫌悪い?」「べつに。」
開いた扉の先を歩いて一つ目の部屋で早速出ましたスタイリッシュ魔人。西洋人ぽいスカしたポーズでご登場。「この先は、火遊びのつもりなら火傷じゃ済まないかもしれないぜ。」「そお。それで。」「はっきり言おう。過去2回ロクでもない終わり方をした貴様に雇われる気など毛頭無い。なのに俺を雇うかと聞かざるを得ないのはどういうわけだ。」そりゃアレでしょ、システム神の為せる業。「コイン投げれば?。表。そゆことで。」「野郎!。」「後ろで退屈してるカハクちゃんの話し相手になってほしいんだよね。但し、妙なことすんなよ。」「え~いいな~。アタシも後ろがいい。」「カハクって誰だ。」「え!わたし。」「・・小さいぞ?」「だったら何だよ。」「非常に、小さいぞ。」「じゃもう行くから。後ろヨロシク。」

「断る。」へ?。「勝手に行け。俺は断る。」「断れないと思うぜ。俺、主人公だから。」「それはどうかな。」「ハイ?。」「俺の経験からすれば、貴様のように短髪が左右上と三方向にハネているような男は主人公になり得ない。そりゃ寝癖か?。」「ハ。残念だったな。それはナムコ星かカプコン星かは知らないがアンタの世界の話だ。こっち(アトラス)じゃ俺程度はアリなんだよ。モミアゲが直角で、全裸の学帽で銭湯に入る男すら主人公だからな。」「!。Oh MyGod・・」

バカバカしくなってきたのでさっさと行こう。せっかく第五に来たし、Mapひととおり出して帰る方向で。エストマonで駆け抜けるにしてもカグツチレベルの敵がボチボチ出現。
「ね、アイツちゃんとついて来てる?」「後ろ向いて確認すればいーじゃん。」俺が振り向いたら撃たれる気がします。「来てるよ~一応。抜け殻っぽくフラフラしてるけど。」「ちゃんとカハクちんとお話とかしてる?。」「カハクちゃんが話しかけても気付いてないみたい。」役に立たねえな。「あ、カハクちゃん、あのひとの頭の上に座った。」へ?。さすがに振り向いて確認。ベリーキュートな地霊嬢がまとわり付いているとゆーのに、なんだろあの仏頂面。ちっさいギャルを頭に乗せたその姿が・・「似合わねーな。」「似合わないね~。」

MX初周には斬り込み隊長として世話になったダンテなので、GoodEndのときには絶対連れて戻ろうと決めてました。でも今回、悪魔Endの可能性の方が大なんだよなあ。連れてきて更に確執を深めただけのよーな気もしてきた。また次撃たれまくるのか・・。


さてバタバタ降りて扉の間。開くとこだけ開けて戻ろう。魔のとこは赤騎士で。・・ってビシっと一発デッド!ななんてことだー!。今周、パラメータの強化分はちゃんとメモってたけど、全書の時点でスキル付けに強化されてた分はもお想像だったから、その想像が間違ってたらしい。なんてこと。仲魔死なせたの今周2回目。一回目がトランペッター戦の白騎士、そして2度目がコレ。・・嗚呼こんなことで・・スマン。まあ魔法で一発復活ではあるんだけど。それにしてもデスヨ。マジでスマン。

運の扉は第三で拾ってきた黒フロストくんでopen。とその先のジャアクな扉もまさに彼。拾ったときは扉忘れてたけどラッキー。力の扉は白騎士で。そんであとここは「汝の古き友を」おおおっと。示さない示さない。少なくとも今は。

「今のとこ試さなくていいの?。」「う、うん。あれはまだ。」「そお。アンタなんか隠してるねゴシュジン。」「へ?!。」「アンタ口数少ないけど全部態度に出まくりだもん。」そそうですか。「いいけどね。」

スイマセン。今がその時だという見極めはちゃんとつけようと思いますのでどうか。もうちょっとだけ。

さて戻ってカグツチ登りますか。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

銅像の間のその先へ。ミトラか~。有罪裁判か~。・・あ。ああっ。忘れてた!。ミトラ戦て全体破魔と全体呪殺が続けてくるんだった!。なんとなくテトラジャあるから大丈夫とか思ってたけど、テトラジャで防げるのって1回では?俺いつもマガタマでどっちかを無効にした上でテトラジャ使ってたような。ピクシーたんは破魔も呪殺も無効じゃないんスけど?!ししまった、今周始める前に漠然と全ボスのことを考えたつもりが、連続の破魔&呪殺は忘れてた。忘れてたー!!。どうしよ。

悩んだ挙句、ここは対バアルと思っていた戦法で。つまりピクシーたん魔法反射連呼。お初にマカラカーン使ってもらう。MP足りなくなったらアクションを1ターン中2回ピクシーたんに回せば吸血で補えるハズ。吸血は稀に外れるのが難点だけど、速が高くない相手なら安泰。保険に補助入れとけばまず大丈夫。幸運なことにミトラは両デ持たず。ヨシいける。いけないにしても行くしかないし。もう俺の選択肢にあの扉は存在しない。エゴに凝り固まった意地と言えばそうかも。エゴの対価として俺のマガタマはカムロギで。相性は「物理に強い/魔法全般に弱い」。何かの手違いで魔法反射が入らなかったら俺も一緒に逝ってやる。てか俺だけが逝きそうでもあるけどな。

意味も薄い決死の覚悟で金の扉のその先へ。議会場で地獄の陪審員にご対面。「己を悪魔と認めるか。」「イイエ。」「有罪!。」どう答えても有罪って分かってからは適当に答えたこともあったけど、ここもコトワリ質問らしいですよ。とにもかくにも戦闘開始。敵先攻でないのが大きな救い。
魔法反射と補助入れつつ殴る。戦法としたらまあそれだけ。補助はランダマイザとタルカジャのみMaxまで入れる。入れ終わったら殴る。気合を溜めて、つい最近覚えた破邪の光弾撃ってみる。おっと効くじゃん。な、なんと、気合いを溜めた光弾2発で・・終了。おお。今周初めて俺が主人公のような気がした瞬間。

「へー。案外やるんじゃん。」「ま、まあね。」

扉の存在をピクシーたんに明かしてない俺としては、やましい気分が拭えなくもありますが。とにかく終了。

先行こう先。議会場の奥から出るのに変にあせって扉に辿り着かず、無駄に雑魚戦を繰り返したりしてエレベータで6F、あからまさに怪しい金の扉の向こう側には剃り込みが強烈なあのひと。そして、先生。
「ど~も~。お取り込み中かと思いますがもおサマエル呼んでもらっていいんで。あの厄介なのを早々に済ませたいんですよ。」「なんだねそのデリカシーに欠ける強引な登場は。しかもなんだ、キミの連れはニヒロで私がオセを召還した時から変わらないじゃないか。」「分かります?そうなんスよそれが俺の今周のキモで。」「・・分からんよ全く。早々に逝きたまえ。キミが。」赤い龍デター。

サマエルのスキルとして書には猛反撃載ってないのにいつも必ず猛反撃されるけど今周はどうだろ、一応殴ってみる。やっぱり猛反撃キタ。サマエルは両デ持ちな上にラクカジャとラクンダ連呼してきます。ちなみにラクンダも書には載ってない。両方デしてたらキリがないのでここはランダマイザ連呼でラク系は相殺狙い。火炎と衝撃が比較的効くのでマカカジャ入れた上でその辺多用。
そしてキタ神の悪意。ピクシーたんBIND、俺が岩水で回復。ただこの時の為に、俺はピクシーたんと競争するように速上げてました。強化で運を40まで上げて寸止めしたその後、パラメータは速に向き出してたので結構厳しい競争だったけど、現在かろうじてピクシーたんと同じく25(イヨマンテの場合)。ちなみにスキルとして神経無効覚えててマガタマで精神無効なので、俺はバッドステータス攻撃関係ナシ。俺がアイテムでちまちまとピクシーたんの世話を焼いている間、紅白騎士がガツガツと魔法入れてくれて終了。

俺らがバタバタしてるうちに氷川氏は得体の知れないデザインの何物かと合体。
ひとり何処へと消えかかる先生は、俺に例の三角のをくれました。あの邪神が呼んだとき、行かなかったんだね先生。「神殿へ急いで。」自らを由とせよ。それが先生自身の選択なら、今度は乗るよ俺。

ミトラ戦時~サマエル戦時
Lv71-72 主人公
Lv51-51 ピクシー
Lv69-69 ホワイトライダー
Lv72-72 レッドライダー

次、神殿に行きます。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ウエオさんお久しです!「ストックしてたハイピクシーがクルリンとピクシーに」ってそれはナイスな展開!!感動ダー!。すげえいい~!!。俺も初周でそんな展開だったらなあ。無印に扉無かったけど。コメントありがとうでした!。

扉に入らないままの俺らは坑道に戻り。奥に進む前に路線向い側、穴掘りシゲちゃんとこへ。「一体置いてって。」・・う。そうだそういうことだった。忘れてた。置いてけるのなんて・・ライジュウ?。すまんライジュウ。せっかく捕囚所でついてきてくれたのに結局一度も前に出てないし、せめてここで役に立ってくれ。「じゃコイツで。」「なんだ弱そうだな。」「そお?。」俺ストック内じゃ強い方だけどな。

さて坑道入り直し。ここはボスもいないし△一発で駆け抜ける青春。B5Fの宝は4方向中の北側から落ちると取れる。月齢8で取った後西側に落ちると月齢7でB6Fの宝にたどり着く。バタバタ抜けたら議事堂。2Fで記録して1F奥に行こうとするとスルト。いつも膝立ち。

敵先攻で始まりましたいきなりデクンダ。バグのよーな攻撃だなあなどとぼんやりしていたらラグナロクどーんしかもピクシーたんに!。ピクシーたんの残HP12うわあ!!。目が覚めましたあ!。カジャ系でガツガツ武装。そうなんだよ補助寄りな俺らは先攻取られると一発目がヤバイんだよ俺よく坂東宮の毘沙門天戦一撃目で死ぬし。まいったなあそういや今後誰が先攻でくるんだっけ。先攻ボスのデータ取りやっとくべきだったか。
なことをごちゃごちゃ考えつつ戦闘。カジャ系入れまくった後はまあ安泰。敵は火炎吸収、衝撃が比較的効く。鳥のように速い俺はスキルとしても衝撃高揚付けてたりするので竜巻連呼で間もなく終了。

ピクシーたんの残HP12という衝撃から醒め切らないまま議事堂内駆けずり回り。間もなくマダ戦。なんとマダ夫さんも先攻取ってきた。しかし酩酊と冥界破だから大丈夫。ピクシーたんが物理吸収なので気分的に物理はどうでもよくなってきた。冥界破で俺が死にかけてるけどな。ピクシーたんの速は強化しても俺以上にしないようにしてるから、精神の方はデフォルトのマガタマが精神無効の俺が岩水で回復。マダ夫さんはデクンダ持ちの物理吸収。衝撃と火炎が比較的効く。今回めずらしくパズス召還される前に終了。もし呼ばれてたらパズスは呪殺持ちなのでテトラジャあるといいかも。

マダ夫さんに塞がれていたその先を歩き倒して間もなく偶像が立ち並ぶ部屋。モト戦か~衝撃系のマガタマが欲しいところ。そしたらシゲちゃんのとこに戻る。掘れてました。ちょうど煌天だったので宝石箱を開けてみる。サファイアとグレイトチャクラ。「これもあげるよ。」鬼門の玉もらいました。サンキューそいつが何より大事。バタバタ戻ってターミナル経由でアサクサ、ガラクタ集めの店の前通って北の神殿へ。毘沙門天登場。「力比べしまーす。」「ならいくぞ。」うわ!しまった敵先攻だ。キタ、気合い溜めてから八相発破どーん。なんだ物理か~。は~良かった。俺瀕死だけど。
この段階の毘沙門天殿はデ使ってきません。天罰持ってるらしいけどあまり使われた記憶ナシ。ボチボチに終了。グンダリもらいました。「じゃまあ続きはあっちで。」「押忍。」「一つ警告しとくが。体が低過ぎるぞ主人公。」「・・押忍。」そうなんだよでもピクシーたんより速が下がると岩水回復が間に合わんし、ガイアの為に力も上げないとだしさ。悩みますよね俺パラメータ。

さて議事堂に戻る。銅像の立ち並ぶ部屋で影のない銅像を調べる。「これでーす。」「うぬう小童め。」モト戦開始。敵はまたしてもデクンダ持ち。議事堂入る前にカジャ系覚えとけ~とシステムが言っている。電撃しか効かないけどその電撃を当てるとかなりの確率で硬直してくれるのでこっちのアクションがどんどん増える。滅多に使わないピクシーたんのジオも役に立つ。じき終了。

スルト戦~マダ戦~毘沙門天戦~モト戦
Lv69-71 主人公
Lv49-51 ピクシー
Lv68-69 ホワイトライダー
Lv70-71 レッドライダー

議事堂で残すは厄介なの2体。そして先生に会うのも最後か。GoodEndじゃなきゃホントに最後の最後。一応まだGoodEndあきらめたわけじゃないんだけど。まず無理だろうな。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

リレイアさんお久しです!。ホントどうにかしてほしいですよ。ゲストに追い回される主人公てどんなんですか。こんなんですよ。ライドウもそんなんでしょうか。む~。コメントありがとうでした!。

メノラーも揃ったのでこのまま次の深界へ。途中の覗き穴でかの邪神の説明を受け、分かったような分からんような気分で第四カルパ。どんよ~りしてます。入口からして呪われてて厄介なので早目に蝿の王に当たっとこう。俺らもうレベル上がってもいいこと無いし。
静天狙って12Mの永遠、冥府の広間へ。ちなみに月齢2,6が回廊、4,8が宝物庫、それ以外が冥府の道。

わーごっつ呪われてる~。でもボスのいるところはうっすら記憶してるから大丈夫。とか思ってたら迷った。しまった現在エストマ中でリベラマ持ってねえ。回復のMP補給は勝利の雄叫び依存だから、俺ら敵が出ないとヤバイのですが。後ろにいるコダマに回復してもらったり(微々)ユニコーンくんにMP分けてもらったりしつつかろうじてモスマンくん発見。そしたらそこから北側奥。
腹の出た男デターそして蝿に変身。こっち(MX)きてから蝿には随分世話になってるからあんまし敵な気がしない。なことを言ってる場合ではなくヤバイ。蝿ってば両デ持ちな上に万能持ち。物理吸収のピクシーたんが危険!。ここはひとつ、デされる前提で、ピクシーたんに果てしなくランダマイザ連呼してもらう戦法で。吸血持ってるひとしかこんなことできないし。あと死蝿対策にテトラジャも忘れずに。

で、結果、そこそこに終了。非常に杞憂してた敵だったから我ながら心外。これといった危機もなかった。イヤあると言えばあった。両デされた直後に普通に殴られた俺のHP1/3。これはどういうことかというとつまり、補助的に素な時に2回続けて殴られたら俺は死んでいたということ。ピクシーたんを守るどころか、未だに俺が一番危ういというこの事実をどう受け止めるべきか。

ベルゼブブ戦時
Lv64 主人公
Lv46 ピクシー
Lv65 ホワイトライダー
Lv68 レッドライダー


蝿戦が終わったということはもう第五に行ける。扉に入れる。わあお。
しかし。
なんか、扉に入れたくなくなってきた。今まで俺と一緒に成長してきたピクシーたんが突然レベル80になっちまったら、違うひとな気がしてしまわないだろーか。それに噂によればスキルも入れ替わってパラメータもALL30になるらしいじゃないですか。20超えってことは強化すればALL40。体が低い弱点も克服されるわけで非常にラッキー。しかーし!。パラメータが非常にバラついているこのピクシーたんが俺は好きだ!。開始当初は困ったもんだと思い続けてたけど、今となってはそれが個性に感じられてすげえ好き。それに力40になったら、素殴りで俺の威力を遥かに超えるわけデショ、俺など足元にも及ばないデコピンを繰り出すピクシーたんて、どう?!。
どうとか言ってる場合ではなくて、扉をくぐらないことには今後が危うくなるわけで。どうせ扉をくぐるなら早目にくぐっといた方が、その後の成長を考えてもお得。なんだけど。

このまま行きます。

ピクシーたんの身の保全を考えるなら早目にレベルアップした方がいい。だけど俺のエゴでこのまんま行く。もうダメだギブアップ!となった時扉に依存する。もうダメだと俺が思い知るその時には、ピクシーたんは死を経験しちまってるかもしれない。せっかく今まで一度も死なせないでここまで来て、今扉に入ればそのまま最後までいけるのかもしれない。でもまだ扉には行きたくないんだよ俺のエゴでホント済まんけど。

「ゴメンなさい!!!。」「え、オナラした?。」 してないです。

さて行こう。どんどん行こう。ずっと今のままでいれたらいいけど、無理になったらその時はそのとき。行けるとこまでどんどん行こう。
第二に戻って今や呪われてない呪われエリアの奥、人待顔のイフリートに話を聞いたら地上に戻ってギンザ行き。バー・ニュクスでロキに過去の窃盗を皮肉られ、アサクサのガラクタ集めの店で明星の鍵入手。深界に戻る。第三に戻ったついでに以前ダンテに追われた場所で黒フロストくんを拾ってくる。使わないにしても連れて行きたいキュート過ぎるキミ。で、鍵を使ってワープエリアに入り第四のスイッチを押したら入口から第四に入り直し。せっかくだから宝物庫にも寄って取るもの取って行こう。宝石箱が多いから煌天待ってぐるぐる走ってたらどんどん無駄にレベルが上がる。じいさんの問いには回答まで何もしないで3分待てばヨシ。カップ麺に湯を入れてから話しかけるべき。カップ麺があればだけど。

あれこれ済ませたら第五はあとにして地上に戻り。これから坑道通って議事堂へ。
今のピクシーたんといつまで一緒にいられるかなあ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

確かにスキル選択は厄介ですよね。俺は補助寄りだけどきっと人それぞれに特徴があって魅力的なことになってんだろうな~と想像します。しかし厄介だ。たまには滅多斬りもしとかないとですよね。などと鍵付きさんに反応してほぼ独り言。失敬!。コメントありがとうでした。

久々に深界。第二の奥にメノラー立てて第三へ。入口付近の小部屋には霊。「お前の心に揺らぎが見える。知りたいかそのわけを。」「過去に聞いたしもお結構。俺が自分で言ってやろう。俺が海辺にいるとする、俺は亀をひっくり返す。そういうことだ。」「・・お前そもそも理解してなかっただろ。」「うん。」「帰れ。」なんだよもう。
第三はパラメータ次第で扉が開いたり開かなかったり。俺はどうせ運のとこしか開かない。そういうパラメータ。魔と力のとこにはあとで出直すことにしてまずは運のところだけ歩き倒し。ここは扉全部が開いた。運のところで出る敵ってしりとり順らしいですよ。前周に書見て腰砕けた。エストマonでもロキ→キウンは出る。面倒也。宝石箱は煌天に開けて魔と力の香ゲット。墓標も拝んで取るもの取ったら下。

「ん?またなんかいるね。」そうなんだよいるんだよ。「あれ?でも今までのとちょっと違う?。」カマラちゃんもそんなこと言ってたな。なにが違うんだろ。スタイリッシュ臭とかあるのかね、女性にしか分からんよーな。「ね、前に会ったアイツじゃない?。」正解。「ねーカハクちゃんが前がいいって。」「いい?。」・・う。「カワイイけどダメです。」「なんで!。」「ここはライジュウに決めてるから。」「ひどーい!なんであの光るのは良くてカハクちゃんはダメなわけ?!。」ライジュウなら死んでもいい気がするなんて言えんでしょ。「じゃアタシも後ろに行く。」「待ったあ!!。」そんな気まぐれで俺の今までの苦労を水の泡にするんですかあ!。「じゃカハクちゃん前でいい?。」・・スティンガーはパーティで一番弱いのをかなりの確率で即死させるわけで。そんなことにカハクちんを巻き込まない為には・・もっと弱いのがいればいいのか・・。
「・・じゃあいいよ。あと、コダマ前。」

そしてパーティはこんなん。

ピクシーたん
カハクちん
コダマ

激しく不安

B2Fに降りてすぐ、スタイリッシュ魔人デタ。「また会ったな少年。言いたい事は色々あるが、後ろを向きな。そして振り返らずに走れ。」「断る!。俺の知り合いの誰も彼もが悲惨なこの状況でお前はスタイリッシュてどういうことだよ!。」おまけにウチの可愛いのが皆こぞって前に来たがるんだよ畜生。「己のセンスの無さを嘆くならまず服を着ろ少年。」そうじゃなく。好きで半裸なわけあるかよ。イヤ服の話じゃなくて。いいやもう行こ。直線の通路を迂回して走り、それでも背後から撃たれつつ奥へ。「スイッチ押せよ~。」

は~・・始めますか。直線突き当たりの扉を出てすぐのこの場所、ココを規定地とする。さてこっから心底心配なパーティで廊下を走って中央の部屋に飛び込みスイッチを押す。押したあとは部屋を飛び出て規定地に戻る。もう一個のスイッチも同様に。2個押し終わるとダンテは階段の前に移動するから、敢えてその目前を駆け抜けて誘導。ワープゾーンに飛び込んで飛び出て、さっきまでダンテが立ってた場所の先から更に下へ。

B3Fはスイッチのある部屋が3つ。どの順に当たるのが正解なんだろ、俺はいつも面倒そうな透明な壁の部屋から。スイッチ押し終わるとダンテが部屋に入ってくる。俺はちらちらと動いてヤツを誘導しつつ逃げる。全周までは逃げるだけという立場に逆切れて稀には自分からダンテに突進したりしたもんだけど(<バカ)。今周は全くそんな気にもなりませんよ。ひたすらにビクビクしながら逃げまくり。透明な壁の部屋が終わったら隣の部屋も同様に。
最後は出入口が下への階段に近い部屋。最後の部屋はスイッチ押し終えてもダンテは入ってこない。もういないんだと思うことなかれ、部屋を出るとすぐそこにヤツの雄姿。目の前を突っ切って誘導しつつワープゾーンに飛び込んで、飛び出たら走る。走って下へ。・・ふぅ。
お~!なんと一度も捕まらなかったよ。やればできるんだな。尋常じゃない危機感のおかげ。

「もう終わり?。」もうってことは全くないですが終わりですよ。息が上がってるのは俺だけですか。「うん。カハクちんは戻ってもらっていいかな。」「ん。また遊ぼうね。」「お、おう。」「次にあのひとに会えるのいつ?。」「間もなく。」「ホント?!。」うんだってもおホラ俺の後頭部に銃口が。ね、カハクちん、コイツはこういうヤツだから。気をつけないといけませんよ。

さて戦闘。ようやく戦闘。敵は両デ持たず、と見せかけて「ホーリースター」がそのまんま「デクンダ」。なのに「挑発」はヤツ専用にMP回復付き。そんなネーミングは相手を混乱させる作戦の一環かーそれじゃスティンガーとリベリオンも間違えるわー(<俺だけ)。まあとにかくデカジャは持ってないのでカジャ系ガツガツ入れたら普通に殴るだけ。間もなく終了。・・と思う頃に俺の脇腹で大太刀が一閃。しかし気付けば脇腹じゃなくて腹の脇。毎度のオチだけどそれでもちょっとあせる。
スタイリッシュ魔人は俺にメノラーを放り投げてから去りました。

Lv62 主人公
Lv45 ピクシー
Lv64 ホワイトライダー
Lv67 レッドライダー

「きゃ~見逃してくれたんだね~。」「強いね~。」「それに、優しいよね。」「ね~。」

・・そう?。・・・そお。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

そう言えばアレどうなってんだ魔人。そろそろ公園に出るんでないの?。ターミナル経由でシブヤ、そっから歩いてすぐのヨヨギ公園、泉の聖女の反対側。無印の時には出なかった霊もいるし、そろそろ出るらしい。先にこっちに当たっておこう。別にアサクサに行きたくないわけじゃないぞ。多分。
バクシャンの骸骨は物理反射・電撃吸収・デクンダ持ちで精神攻撃もアリ。カジャ系Maxに入れたら小物理連打もどうということは無し。さっくり終了。

終わっちまったので行くしかないです。行きますよ。ターミナル経由でアサクサ、じゃなくてミナフシロ。想像通りに悲惨な殺戮現場と化してます。クールな俺は動揺などしない。もおあんま周り見ないで進む。毎度のことだけど道すがら蝿のようなのが2体降りてきてコトワリ質問。うるせーよお前らじゃ役不足なのさっさと大天使3体呼んで来い。しまったクールな俺としたことが。そしたらクールな証明として第三層の梯子の裏の宝石箱は煌天にゲット。・・もおそういうの止めようと思ってんだけど。

最下層、千晶とフトミミ氏が揉めてる現場に俺乱入。「フン。アナタは何の為にその身体になったの?、きっと分からないままなんでしょう?。」「そのとーり!。俺はいっつも開始早々気付くとこうなってんだよ。何の為って、大体が何かの為なのか?そんな俺って滅茶苦茶不憫じゃねえ?そんでお前はサカハギにヤラれたのか?お前も可哀想だし、勇も聖のオッサンも可哀想なんだよ畜生。さっさと神でも天使でも呼びやがれ!。」「アンタ最悪ね。言われなくても呼ぶわよサヨウナラ。」まばゆい威光を撒き散らし、闇雲に高貴そうなの3体降臨。さっさと来いやー。

大天使3体はそれぞれ独自のスキル持ちだけど3体とも両デ持たず。汚れ無き威光はテトラジャでブロックできるし魔法反射でも万能は問題ナシ。補助入れるだけ入れた後にメギドラオン3発で終了。

さっくり終わろうがモタモタしようが間に合わないという意味では一緒。フトミミ氏は逝き、バアル降臨、サンノウを示唆。ギンザからユウラクチョウ坑道に入れということらしいです。

ということはつまり次トランペッター戦。どうするかな、以前考えた作戦に加えて、バカ強いのを呼んでラッパ吹かれる以前に倒すのを狙う手もあるかも。うまくいけば誰も死なずに済むカモ?。全書には墓標アタック時に作ったLv255のスルトとオオクニヌシがいて予算的には一体呼べる。ん~。現在ストックの空きは3枠。今周は仲魔にしたヤツ誰とも別れてないし合体もしてない。これをこのまま続けたい気分でもあるのでむやみに仲魔を増やしたくもないような気もするな~。ん~。
ん?。ちょっと待て。目的を思い出せ俺。そもそも今周の目標はピクシーたんを死なせないその一点だったハズ。次点として全滅防止に俺も死なないこと。そう。それ以外はまあどうでもいいんだよ。このまま行こう。

結局策もないままinユウラクチョウ駅。改札の前でいきなり落ちたー!。いつもより長く落ちておりまする。トランペッターな~俺がMX初周で初めて作った魔人なんだよ。戦うときは厄介なのに、味方んときは結構弱かったんだよな~。魔人てどんな強力なんだろって期待しまくってたのにな~。「貴様!失礼千万!死を持って贖うベシ!。」わ~!「弱いとは言ってないス!。敵としたら最悪。」「うむ。神恩を授けよう。」元々HPもMPもMaxの赤騎士にラッパで回復かけてくれましたよ。意味ナシ。

敵はデカジャ持ちのデクンダ持たずなので早々にランダマイザMaxまで入れる。各種全体魔法がガツガツくるので誰しもが幾分のダメージを喰らう。ピクシーたんは吸血で自力回復。俺はピクシーたん回復用に習得したディアラマで俺自身を回復。俺いつまでも冴えないな・・。
間もなくラッパが吹かれて白騎士が一発デッド。サマリカーム持ちのコロンゾンLv12もいるにはいるし、それっぽいアイテムもあるけど、回復のラッパが吹かれるかもしれんので敢えて道反玉で復活させて呼び戻し。それにしたってHP7そりゃあんまりだ。あんまりなのでピクシーたんがメディアでそこそこまでに回復。お世話になりまする。俺らが守られてるっつーの。
せめて気合いを入れて攻撃しろ野郎共。てか誰よりも俺。実際に気合溜めるから殴れるタイミングが半分なんだよスマン。ホント不甲斐ない。俺を含めた野郎共がガツガツやって終了。結局魔緑のラッパが1回、神恩のラッパは敵先攻の初回で拝んだきりでした。

トランペッター戦時
Lv61 主人公
Lv44 ピクシー
Lv64 ホワイトライダー
Lv67 レッドライダー

これで魔人終わり。いい加減深界行かないと。深界かあ。・・嗚呼懸案のリベリオン
(<スティンガーの間違い。後日補記(^^;)



テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

さて続きです。次は赤。黒の次に赤に来たのは初めて。そのせいでもないだろうけどエンカウント率高!。2歩歩くともう敵に当たる。エストマなんて関係ナシ。しかも先攻取られるし後ろから来るし。何が違うんだー俺が妖精連れでいつもよりまったりしてるせいかー(多分違う)。歩き方は自分で以前の俺メモ参照。「俺は怖れない男。半裸だけど。」って何デスカそれ。過去の自分に何気に失笑。
1階の5つ並んだ扉は奥から(東から)2番目が正解。2階は影の状態で北東の小部屋に入り、斜め隣の部屋の光で戻す。その後北側から出て北東の角部屋に入り直して南に出る。その後開ける扉は進行方向に左、右、真ん中。

赤のボスはカルピス旧ラベルを彷彿させるあのひと。両デ持ちだけどHP低めなので気にしない。大地震の前にタルカジャくるから物理反射入れとくのがお約束。でも今回ピクシーたんが物理吸収だし魔人騎士は2体とも体40だし、大技を敢えて喰らってみようかな。とかってダメだダメだった。俺が死ぬ。現在体感的に一番弱いの俺です。なんだろうな。
スカディ戦時のレベルのメモ取っておくの忘れた。とほ。


最後、白。
1階は全部の扉開け倒せばMap全部出せる。2階は扉のinとoutで飛び先が違うことがあるから、扉ブチ開けて飛ばされなかったら出て来た扉に入り直してみればヨシ。2F、取るもの取ってからボスに当たるには左周り(開けられる扉が複数ある場合左側優先)。
毎度使わない破魔の霊扇も質草としてゲット。相変わらず宝石箱の周りをぐるぐる走って無駄にレベルが上がる。もおこういうのやめようやめようと思いつつ、最悪でも質草になるしなどと止めるタイミングを失ったままの8周目。

物欲故に飛ばされまくって目が回る頃に最上階。ズッドーンとか効果音を口で言ってくる憎めないヤツが子連れで御登場。両デ持たずなのでここぞとばかりに補助入れまくったら、小さいひとが下を向く以前に殴り倒れてしまう。最後、下を向いたデカイひとと元気な小さいひとの2体のみ残り。お願いピクシーたん、小さいひとを微j妙にやっつけてくれ。吸血2発で下向いてくれました。そしたら敢えて次ターンに回してドカドカやって終了。

アルビオンその他戦時
Lv48 主人公
Lv35 ピクシー
Lv58 ホワイトライダー
Lv61 レッドライダー

神殿3つ終了後、勇に呼ばれて中枢へ。一応勇を止めるけど止まらないのはいつも通り。既に死んでいるという噂の聖サンは繰り返して逝きました。なんだよもお「勇サマ」って。サマ付きになって他人を犠牲にして、やりたかったことが胎児返りって、お前ソレ痛過ぎ。誰が悪いって、まずこの世界が悪い。
帰りがけ、蝿っぽい天使2体が飛んできてアサクサがどうとか。8周目にしてクールを装う俺としては、ああいつもの残酷物語の予兆なんだな、と受け流す。受け流そう。天使とか神とか、そういうのを殴りたい気分だしちょうどいいや。(<やっぱり荒れてきた)

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

コウさん、そして鍵付さんもthanks!。そうなんですよ気にしてるんですよトランペッター。HPの低いのというわけじゃなく減ってる割合が高いのがヤバいようなので、ピクシーたんはとにかくHPMaxにしとこうと思って、いつも全体回復覚える俺の枠に初めて単体回復入れてみたりしてます。そのせいで現在全体回復がピクシーたんのメディアのみという空恐ろしい状態。ソルニゲル後どうするんだー。でも連続ソルニゲルだったらもう完全回復も意味ないかなあ、などと。
ホント考え中ですよトランペッター。後ろでなんにもしてないライジュウあたりを故意に弱らせて置いといてラッパの直前で召還したらどうだろう(^^;。トランペッターにヤラれたダメージじゃないとダメなのかな?しかしこの状況って、相討ちができるとしたら確実にヤッちまいそうで怖い。なんとも悪魔的。悪魔だけど。そして俺が紅白騎士に返り討ちされること間違いナシ。前準備として誰かを故意に弱らそうといつも後ろのを前に出して死なせてしまうとかもありそうで怖い。嗚呼恐ろしいことばかり・・。


それはともかく神殿。もおこのへんからは敵以上にシナリオがしんどい。8周目なんだから少しはクールに行ってみよう。できるかはともかく。「俺かオッサンか」などとゆー勇の質問は流して俺はただそこに神殿があるから入る。そんで敵が出るから戦う。宝石箱があるから開ける。一応煌天まで待つ。セコイ。

無印時はずっと、赤白黒の順で回ってました。単に右から行ってただけだけど。MXになって白赤黒の順に変えてみた。タマには黒から行ってみる。黒はいつもバックアタックや敵の先攻喰らう確率が高いんだけど、それはいつも一番最後に行ってレベルが上がっちまってるせいなのかどーか。

そして分かったこと、順番関係ねーし。呪殺持ちのパズスがガツガツ先攻で来るからあせる。ケツアルカトルにバックアタック喰らって石化しそうであせる。ビクビクしながら最下階、ボス部屋の正面にターミナル。「まず死ぬから記録しとけ~」とシステムという名の神が言っている。ご親切痛み入りマスネ。

さてアルシェル戦。ソルニゲル後の回復がピクシーたんのメディアだけでどうなのか。敵が両デ持ちというあたりも俺らには鬼門。デされる前提でタルカジャ一発、あとはピクシーたんがランダマイザ。MP足りなくなったら吸い返す作戦で。・・と、延々敵の吸魔がこない。このまま終わるんだべか?などと気を抜いた頃にキタ。物理反射入れとく。ソルニゲルで皆HP1、直後の物理を反射してターン取り、さてこっから1ターンでピクシーたんに2回は回す。ただ全部回してももったいないから途中少しは殴りつつ・・と。終わった。マジですか。俺がびっくり。
皆HP1で終わったせいで終了後も硬直状態。みんな動くな!一歩たりとも動くな!!。ああっなんか緊張してよろめいて踏み出すなってば俺!!。

Lv56 主人公
Lv40 ピクシー
Lv61 ホワイトライダー
Lv64 レッドライダー

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

そうなんですよ「ゾウさんは殴っちゃダメだ」と刷り込まれてたせいで、俺ずっとプルキシも殴ってなかった。殴れるって気付いたの3周目くらい。とかって鍵付きのコメントにまで反応して失敬!。コメントありがとうデス。

さて邪神が示唆したイケブクロ。エストマonで最上階。千晶の魔丞を見届ける。やるせなーい気分で地上60階から飛び降り。面白半分に突き落とされる前に俺から飛び込んでやるーうりゃ~!。
ドスンと落ちてヨロヨロと回復。しかしなんで後ろの奴等は無事なんだろ。筒に入ってるわけでもないのに。
今更なことを思いつつカブキチョウ行き。大門付近の天使が帝王について言及するはずだけど、もお聞く前に行く。ターミナル経由でさくっと着いたら北側の階段ぐるぐる上って最上階。前にミズチが居た部屋に黒フロストくん出現。深界で拾ってくるのより全然デカイ。俺よりもデカイ。そういう意味でサプライズ。

敵先攻のマハムドオンは対ピクシーたん的に防御策ナシ。でもあんまし心配しない。だって運40だし。案の定セーフ。心配してないとか言いつつホッと一息ついたついでにテトラジャいれとこう。
今周俺も含めてまだ誰も死んでないです。どこまでこの記録を伸ばせるか。シバリ的にはピクシーたんさえ死ななきゃいいんだけど、俺が死んだらその後パーティ全滅と見做すべきなのかもしれないので俺も死なないように気をつけちゅう。イヤ理由はともかく生存本能故に死なない方向で。
黒フロストくんは物理あんまし効かず氷結吸収、おまけに火炎反射。なかなかやりにくいけどデ系持ってないから問題ナシ。ボチボチに終了。

戦闘後、紅白騎士のパラメータで20に達したのがいくつかあったから、御魂強化で打ち止め処理に励む。20に達した分を40まで強化して成長パラメータをまんべんなく振り分けるとゆーこの作戦は、ピクシーたんの運が上がり過ぎるのを止める為に今周途中で思い付いたから、思い付いた段階で紅白騎士は既に成長し過ぎてた。もっと早く気付けば2体とももうパラメータALL40いってたかもしれず残念。

強化されたパラメータは見た目的に成長分と変わらないので自分でメモしとかないと40に強化して打ち止めるタイミングを見逃しがち。今現在の俺メモを以下に。使った御魂もメモってるけどこれ合計したらすげえ数。泉使ってないし召還もしてないから金は全部禍魂と御魂。まさに俺ゴシュジン魂。

以下ジャクアフロスト戦後

ホワイトライダー Lv61
力:40(23/17)
魔:40(20/20)
体:40(20/20)
速:40(20/20)
運:25(13/12)
サキ-3
クシ-4
ニギ-5
アラ-5
計-17

レッドライダー Lv64
力:40(26/14)
魔:40(26/14)
体:40(20/20)
速:33(17/16)
運:28(14/14)
サキ-2
クシ-3
ニギ-4
アラ-3
計-12

ピクシー Lv39
力:7(7/0)
魔:13(11/2)
体:14(7/7)
速:17(14/3)
運:40(20/20)
サキ-4
クシ-3
ニギ-2
アラ-0
計-9

ちなみに邪教館でいろいろやるときは俺いつもシブヤです。なんとなく。なんでだろ。アサクサの方が邪教館前の陽射しは明るいのにな。

強化後、行くとこもなくなってきたのでアサクサに戻るといきなり聖サンがクレイジーなことに。あ~だから俺こっち避けてたのかな。「世界を創るのは俺だ!。」どうぞ。どうぞどうぞ。どうせ俺は創れないらしいのでご自由にどうか。とか俺が言う前に勇が引っ張って連れてった模様。・・追いますか。他に行くとこもないし。

またしても苦手な赤い道。必殺技「自爆」を習得したという噂のデーブを俺ら先攻の全体魔法3連発で蹴散らして神殿へ。このあとは多分、邪神の問いが予言と化して、しんどい展開目白押し。まあいいや墓の勝利とやらを拝もうじゃないの。
次、神殿3つです。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ガラクタ集めの店の先を抜けてアサクサ坑道、ここはバタバタ抜けるだけ。取るもの取ってMapは全部出すけど。間もなく公園到着。は~毎度気の進まない局面デス。

公園入口に程近い小部屋で先生に再会。面倒な名前の何物かを持ってきてと頼まれる。毎周そんな書き方してるから一度くらい固有名詞を書いてみよう。ヤヒロノヒモロギ。やひろのひものぎ。八広のヒモノギ?・・なんだろうな。
「先生、よーく聞いてくれ。」「?。」「こ。ここここここ」「鶏?。」「断る!!。」
受胎ん時病院にいた俺らには創世の機会があるけど、他の人は死んじゃってるってのフェアじゃないし、そもそも全部ぶっ壊して創り直すなんてのどうよ。創り直す前にやり直しましょうよ俺との関係も含めて。なんて関係の方は始まってもないけど始めることも含めて再考して頂けませんか。とかってもおそんな期待もしてないんだけどさー8回目だし。癖で同じこと考えちまうだけ。

この回答はコトワリ質問で、元の世界に戻るにはむしろ断らない方がいいわけだけど。無印初周からどうにもこの依頼には抵抗があるので、「他の選択肢が全てGoodEnd志向でここだけ違ったらどうなるのか」というのを試してみたい。果たして俺の本心は一体どういう結末を導くのか。MX初周でそれを試すつもりがアマラEndになだれ込んだので今度こそ。
おおむね悪魔Endかなとも思ってます。無印初周がそれだった。さんざん戦ってへとへとのボロボロの挙句に魔界にひとり取り残されるなどとゆー己の目を疑うBadEndにも甘んじる覚悟もアリ。今周なら元の世界に戻れなくてもひとりではない気がするし。

「あらそう。好きになさい。じゃこれだけ渡しておくわ。鍵。キミに受け取らないという選択肢は無いの。おまけにその鍵を使わないと状況も動かないわよ。私はここで待ってるから。早目にお願いね。信じてますよ。」
・・そうなんだよどんな回答であれやることは一緒。単なる回答の選択に俺の未来を賭ける意味はあったんだろーかなどと自問自答しながらin工事現場。もはやバタバタ歩き回るのみ。

今まではMap全部出すために飛ばされると分かってる高架の下も敢えて通ってたりしたけど、さすがに面倒くさくなってきた。重要アイテムは運の香と生玉程度。取るもの取って、一部はボス戦後に回すことにしてバタバタと奥へ。ボス戦以前に生玉取る方法は前周以前のに書いてアリマス。特に必要でもないと思うけど。
妖気漂う現場シャッターは素通りして最奥のターミナルで記録。出直して現場シャッターを開けてサカハギ戦。正確にはサカハギが召還するギリメカラ戦。

一つ目ゾウさんは物理反射のデクンダ持ち。カジャ系Maxに入れたら手持ちの属性魔法でガツガツ。補助入ってるとバッドステータスに陥る確率も格段に減る。ギリメカラが逝って召還主が出てくる段階じゃ俺らのカジャMaxのまんまだからサカハギは魔法2発で終了。それじゃまるで墓標。

Lv54 主人公
Lv39 ピクシー
Lv60 ホワイトライダー
Lv63 レッドライダー

妖精の王様がややこしい名前の三角のをくれました。それを持って先生の元へ。またしても邪神降臨。あれを怖れるかこれを怖れるかと問われます。比喩で語られるその内実はあたかも俺の近未来予想図。そりゃ怖いですよ怖れまくりだけど先生をそんなにカクカク動かすヤツに本音なんか言うもんか。「怖れない。」

未だコトワリを得られないことを嘆きつつ先生は俺の前から去りました。「自らを由とせよ」、何度も繰り返して俺にだけ示される指針、そのコトワリを邪神はなんで先生に伝えないんだろうな。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

名前ヲカエル人さんこんばんわ!。て既に俺の知ってるどなたかでしょうか?。控えの人達ですが、ダンテとのチェイス時に後ろの誰かがピクシーたんの身代わりとしてリベリオンの餌食係りになるのかもデス(^^;。

オベリスクからアサクサに帰還。聖サン情報では経絡に勇がいるらしい。また赤い道かあ。街の奥が復興したってマネカタが言ってるし先にそっちに行ってみよ。
街の奥でシブヤとイケブクロの情報入手。じゃまあシブヤの方を先に。煌天狙ってセンター街奥、やってますよサバト。愉快なマネカタ達に同意してマーラ様召還。旧作では摩羅様と対をなすのがいた気がするけど名前を思い出せないなあなんだっけ・・いイヤまさかそんな露骨な名前のはずは・・などというくだらないことをここに来る度毎周考えてる俺って一体。
摩羅様はデカジャ持ち。なのでまずはランダマイザMaxに入れて、デされたら入れ直す前提でタルカジャ4回、あと俺は気合もためる。終わったら1ターン以内で攻撃。白騎士、赤騎士、俺、以上素殴り3連発で終了。よっしゃ。

次、イケブクロ。本営前で氷川氏に再会。「今周はどうするつもりだ。」「一応元の世界に戻る方向で。でもひとつだけ試したいことがあるから、それ次第では悪魔のままかも。」「懲りないな。」ホントにね。

残すは経絡。聖サンに転送されてin赤い道。電波はまたしても途切れがち。「勇にはもう会ったか?」「ハイ(<嘘)。」経絡じゃ過去一度もオッサンに後方支援を受けてない俺のささやかなレジスタンス。「・・本当か?。」バレてる!
赤い道をバタバタ駆け抜ける途中にデーブにも再会。毎度全体魔法でガツガツ終わすからスキル持ち替えてても拝みもしないけど勘弁。そして道の奥、しばらくぶりに見る勇は今や半裸。ようやくこの世界に馴染んできたってか。いい意味で。イヤ悪い意味で。「なあ勇、俺思うんだけど。この世界でスタイリッシュなんてあり得ないよなあ。」「お前喧嘩売りに来たのか。」あ~怒って行っちまいました。そしたら俺も帰還。

「もうお前は行かんでヨシ。」聖サンにも怒られた。なんでやねん。そしたらあとどうしよ。フトミミ氏にでも会ってきますか。
ターミナル経由でミナフシロ。お、マネカタ達が集まってフトミミ氏の予言を御拝聴中。そしたら俺もマネカタに混じってみる。せっかくなので動きも真似てみる。カクンと肩を揺らしたその反動を使ってカクカクん。やってみるとこれが案外難しい。カクカク~ん。あ。フトミミ先生が俺を睨んでますが。「そこ。不愉快だから止め!。」・・また怒られちまいましたよ。

サカハギを追ってヨヨギに行け。誰に言われたわけでもないけど状況はそんな感じ。行く途中で青白いのが出るんだっけか、マガタマ準備してガラクタ集めの店の前。・・出ない。あれ~?。ん?、衛生病院のが先だっけか、行ってみよ。

衛生病院のターミナルを出ると霊が魔人について言及。てことはこっちが先らしい。分院の2階で落っこちる。黒いのデター。
ブラックライダーはデカジャ持ちのデクンダ持たず。なのでランダマイザ4発。呼ばれて飛び出るレギオンが呪殺持ちなのでテトラジャ忘れずに。魔力無効のマガダマにしといたのにソウルバランス一回も拝まないうちに終了。なんでだろ昔は連呼されたのに。パーティの平均レベルにしたら今周は低い方だから?。

メノラー3つ集まりました。これで第三カルパに入れる。ということは青白いのはもっとあとかな、いいやまずはヨヨギ公園に行ってみよ。などと思って地階への扉をブチ開けた途端メノラーの炎が!。なんで出ると思ってると出なくて出ないと思ってるときに出るんだろ。ってそれは単に俺の記憶が曖昧なだけ。

出会ってしまったので戦闘。ペイルライダーは毒化したのを瞬殺するなどという妙なスキル持ち。おまけに呼ばれて飛び出るロアが呪殺に補助に精神更に自爆まで使う。しかーし敵は両デ持たず。ここぞとばかり補助入れれるだけ入れてみる。4カジャとランダマイザMaxに入れたら、もお何を喰らってもどうということなし。すんなり終了。

戦闘後ガラクタ集めの店で買い物。以前第二カルパの呪われエリアで25万ももらったのに、御魂買い過ぎて既に金欠状態。そしたら万里の遠眼鏡売却。使わないし。そんでマガタマあるだけ買いました、と。

マーラ戦時~ペイルライダー戦時までの遷移
Lv48-50 主人公
Lv35-36 ピクシー
Lv58-59 ホワイトライダー
Lv61-62 レッドライダー

俺が今怖れているのは深界の蝿と議事堂のサマエル。どっちも両デ持ちかつ万能持ち。俺らおおむね補助戦だからピクシーたんが耐えらえるかどうか。似た意味で毘沙門天とバアル。まあそこまで行けばもう先も見えるけど。今のところ、シバリで来てるはずの今周が8周中一番楽。レベル差が付く後半ほどキビシクなるはずだけどどのへんがターニングポイントだろう。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ピクシーたんの運を打ち止めにして気付いたけど、紅白騎士は既に力&魔が打ち止めできるレベルを超えてた。なのでこっちの2体もやっとく。も少し早く気付けばカグツチ登る頃にはALL40いけたかも。ピクシーたん以外気にしてなかったからなあ。少々反省。

すること終えたらオベリスク登り直し。もうモノも取らないし月齢パズルは進める状態のままになってるからドカドカ登る。最上階のターミナルで記録して三姉妹戦。まずは個別。個別時は長女次女三女の順に連続で戦闘。間抜けな俺にしたらめずらしく歩き違いもせずにやり直しナシで終了。
次、団体戦。回復補助攻撃と3通りが揃ってるわけだけど、3人ともHP少なめなので特に戦略を練ることもなく終了。以下スキル等は前周のと一緒。

モイライ3姉妹個別時 青字のは無印のみ
(3姉妹共に:破魔・呪殺・バッドステータス攻撃無効)
クロト:パトラ、ポズムディ、パララディ、ディア、ディアラマ、マリンカリン、マハンマ
ラケシス:ラクンダ、ラクカジャ、タルカジャ、テトラカーン、マカラカーン
アトロポス:マハラギオン、マハブフーラ、マハザンマ、マハジオンガ、アギラオ、ブフーラ、ザンマ、ジオンガ

モイライ3姉妹連携時 太字のが個別戦時と違うスキル
クロト:ディア、メディア、ディアラマ、メディラマ、デクンダ、マリンカリン、マハンマ
ラケシス:マカカジャ、ラクンダ、ラクカジャ、テトラカーン、マカラカーン
アトロポス:マハラギオン、マハブフーラ、マハザンマ、マハジオンガ、アギラオ、ブフーラ、ザンマ、ジオンガ


個別戦の次女戦のみ敵先攻でおおむね「ラクンダ&ラクカジャ」。長女は破魔&精神攻撃持ちだけど個別時も後攻だから、テトラジャがあればマガタマは精神無効で。

モイライ三姉妹戦時
Lv47 主人公
Lv34 ピクシー
Lv58 ホワイトライダー
Lv61 レッドライダー


戦闘後は最上階でようやく先生に再会。救出のこの瞬間だけはドラマチック。なあんて未だ思う哉愚かナリ。そして毎度の邪神降臨。「自らを由とせよ」、繰り返されるその言葉だけを残して先生は邪神と共に消え、俺はただ今来た道を戻る。まあ、いつも通り。

そんな俺の斜め横らへんにちいさいひとの視線を感じるような。ピクシーたんですが。
「ふ~ん。」「何か?。」「べっつに。」「何デスカ。言いナサイ。」「フラれた男の顔ね。」「・・まーね。」「へえ。否定しないんだ。」「正確に言うなら8回連続でフラれた男の顔な・の!。」「・・げ~。」

「まあいいじゃん。みんないるし。」「みんなとは。」「『ひゃひゃひゃ』って笑う赤いのとか『ハハハッ』て笑う白いのとか、あと後ろにはカハクちゃんもいるしユニコーンもいるし、なんかもんやりしてんのもいるし」コロンゾンか?「光って消えるのもいるし」ライジュウかな。捕囚所で付いてきたから連れてるけどストックふさいでるだけ。「あと紙っぽいのと薄丸いのと。」シキガミとコダマ。衛生病院からずっといるんだよ今周強化以外の合体してないから。もうホントいるだけなんだけど。以前世話になったしな。

「あとは。」「あと?。」「いるぞー。まだいる。」大事なのが。「え?。えーっと・・。あ。アタシ。」「正解。」そゆこと。そおいうことですよ。「それで、ええとなんの話だっけ。」・・まあいいけど。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

カナタさん、ガイ~ンさん、リレイアさん、拍手ポチッとして下さった方も皆様ありがとうございました!!。毎度の事なのについ忘れてたからショックが大きかったけど終わってひと安心~。どんな戦闘よりも大騒ぎしちまいまして(<ホントだよ)スイマセン。


さ~て。出すもの出して胃も軽くなったし先を急ぐぜ。またあの塔に登れってか。登ろうじゃないの。ギンザから外に出てレインボーブリッジ経由してニヒロ第二。橋の上って魔人出そうだけど出ないんだよな。そういや他の魔人てどうなってたっけ、もう地下道のが出るかも。行ってみようかな。
ニヒロの内部をバタバタ走ってマルノウチエントランスに着いたらターミナル経由で大地下道。おっと早速赤騎士デター。
「なんじゃもうワシを連れとるんか。ちゃっかりさんじゃのー。」「てへ。」「まあええわ。そっちのワシはパワー呼べんしな。」まったりと戦闘開始。赤騎士爺さんは攻撃の際に「ひゃひゃひゃ」と笑います。敵の爺さんも味方の爺さんも「ひゃひゃひゃ」と笑います。ちなみに白騎士は「ハハハッ」と笑います。みんなで笑い過ぎ
敵はデクンダ持ちのデカジャ持たず。なのでカジャ系ガツガツ入れたら白騎士戦時同様、両端のパワーに対して吸血。しかしマカカジャMaxで3回吸ったら逝ってしまわれ。2回で良かった模様。でもMP不足に陥れるまでもなく、テラーソードをピクシーたんが物理吸収してターン取り。つまりパワーまで攻撃順が回らない。すげーなピクシーたん。ぼちぼちに終了。

レッドライダー戦時
Lv42 主人公
Lv30 ピクシー
Lv56 ホワイトライダー
Lv59 レッドライダー


ターミナル経由でマルノウチに帰還。よっしゃ登りますか!。
エストマonの△一発でガツガツ登る。未だMapは全部出す方針だけど、あみだくじ風に動く石に乗るあたりでメゲてきた。アタリは左から2番目。右から2or3番目のに乗ると宝が取れる。他はパスでいいや・・。月齢パズルは月齢4の方にも行って取るものを取る。下弦の月齢4で通れる道の先で月齢8まで待つわけで、結構飽きがくるけど我慢ガマン。書を見て香のみ取りに行ってもいいんだけど。開けてみて「おーこれか」とか「なんだこれか」とかの臨場感も必要かなと。逆に言えば8周してもアイテムは記憶してないということ。げふん。

さて最上階間近、オベリスク最終ターミナル付近でピクシーたんのレベルが上がりました。おおっと運が21。補正ナシで20。この時点でやっておきたいことがあるのです。ターミナル経由でサクッとシブヤ。一旦塔に登ったら戻らない用にスキルを選んでいる俺があっさり帰還。どうしても今やりたいことをやる。

今周は久々に邪教館行き。そしてやりました御魂強化。結果、ピクシーたんの運40。MAX!。

運を強化したかったわけではないです。御魂で強化できる上限は強化補正を抜いた分の2倍、ということはつまり、パラメータALL20ならALL40まで上げられるということ。逆に強化ナシでMax40のパラメータがあっても他のパラメータが5なら、そこは10までしか上げられない。と考えると、補正ナシで20以上のパラメータはもったいない。なので先にMaxまであげちまえばもうそこはレベルアップ時に上がらないんじゃないの?というそんな作戦。

こうすることで運に回るはずのパラメータがどこに行くかは不明。力が上がってもそんなにうれしくないなあ。そのへんをシビアにやるには、レベルアップ直前に記録しといて、気に入った上がり方をするまでやり直す手があるけど。でもリセットを繰り返すのはストーリー上いただけない気がするので、そこは運まかせであきらめようと思ってマス。

御魂5個使った詳細はこんなん。

力6(0) 魔11(2) 体14(7) 速14(3) 運40(20) (括弧内数値が強化分、図では色付が強化分)

力:******
魔:***********
体:**************
速:**************
運:****************************************

あるてぃめっと☆ラッキーガール!・・なんつーのか、さすがにちょっと、非常識。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

「オラオラ、この部屋かあ!。毎度ココだもんなクソガキがあ!。」「なななんスか。」「そのクソ面白いゲームをやらせろっつってんだよ他に何かあるか、あると思うか?思うなら言ってみろこのボケがあ!。」「・・勝手にどーぞ。」

「やだなあ、子供相手に。ごめんなさいねー。」「!。ひゃ~可愛い妖精サン。ボクどきどきス。」「あらあ。うれしいこと言うじゃない。」「ははじめまして。」「はじめまして。ホントごめんなさいね。アイツ、いつもはこんなんじゃないのに。丸一日寝て起きたらこうなってたの。何かの呪いかしら。」「ボクが知る限りアイツはいつもあんなんですが。」「ゴラァ!何でお前が俺をアイツ扱いじゃあ!」「さっさと始めればいいじゃないスか。」「やるっつってんだろクソが!。」「アナタ、いつもひとりきりでここにいるの?。」「はあ。」「さみしいわね。」「そーなんスよ。もうさみしくて。」「嘘をつけ嘘を!」「早く始めて下さいよ。」「カハクちゃーん、こっち来ない?子供がいるよ。」「ひゃ~!またしてもキュートなギャル!。」「コラそこの袖の長いの!。始めんぞ!」「声でかいスよ。だから勝手にどうぞ。」「時間測れっつんてんだよガキ!」「ハイハイ。スタート。」「こんにちわあ。」「は、はじめまして。妖精さんたち、一緒に旅してるんスか。」「うん。そう。」「かなり遠くから?。」「うん。シンジュクの方。」「あっちって行ったことないス。どんなんスか。」「ええとね」

(10分経過)
・・・
(30分経過)
・・・
・・・
(40分経過)

「そしたらさ、私たちみんな落ちたわけ。」「ひゃ~。」「アイツ、『落ちるぞ~』なんて警告してたくせに、落ちたら自分が『ぎゃ~』って」「アハハ」「いつもだよね。」「ギャハハ」「そう!何度も落ちてんのに毎回」「ひ~。腹痛いス。」「終わった!!」「本営の上から飛ぶときもだよね。」「そうそう。絶対死なないって分かってんのに」「押すと、裏返った声でヤメテーとか言うよね。」「ギャハハハ」「言う言う。」「そこの長過ぎる袖が洟水で固まってるクソガキ。終わったっつってんだよ!!!」「そうスか。」「タイムを聞いてんだろうが!。」「ええと・・42分、過去最高じゃないスか。本の通りに入力する作業のタイムの意味自体が不明スけど。」

前略おふくろ様そしてアイーン様、成し遂げましたよ俺・・。我が人生、否、序盤に悔いナシ!。アイーンさん今後はクロニクル行きとのこと、御健闘を祈ります!。俺もいずれ後を追うつもり!。

「そうか。じゃキミ達はもうちょっと雑談してていーぞ。俺はちょっと急用を思い出し・・急用・・う。」



「ぎゃ~!!アイツ部屋の隅で吐いてるー!!!。」


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 真・女神転生Ⅲノクターン攻略 3周目 all rights reserved.
このブログについて

kei

Author:kei

真Ⅲ3周目に始めたブログなのでそういうタイトルですが通算11周を経て現在真Ⅳ5周目。

主人公の日記形式という珍妙な企画で始めたけど真Ⅳでは素の語りになってるあたり。ポニーテール侍殿とは意思の疎通がはかれなかった模様。

明日への指針 

過去の戦歴
最新コメント
最近の記事
「3周目」内検索

※ブランク区切りでキーワードを複数指定すると、それらのキーワード全てを持つ記事のみ抽出します

リンク
データ & ツール

葛葉ライドウ対超力兵団 葛葉ライドウ対アバドン王 真・女神転生Ⅲ NOCTURNE  マニアクス&クロニクル 真・女神転生 STRANGE JOURNEY

月別アーカイブ
RSSフィード
ご連絡等

Link Free。ご自由にお願いします。

その他ご連絡は下記ボタンより管理人にメール送信下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。