いまは STRANGE JOURNEY やってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レベルも上がってきたし全書登録率100%を目指すプロジェクト発動中。
今周「書や他サイトのカンニングはナシでいけるとこまでいってみる但し自分の前周までのノウハウは使う&見る」とゆー方針でやってきました。だけど合体に関しては過去に集めたデータをカンニングします。むしろしまくる。

無印時代に合体については調べまくって登録率100%にしたんだけど、その時使ったデータには既にマニアクス分が含まれてる。何故かとゆーと、俺が無印を始めたのがもうマニアクスが出て1年以上経過した頃で、だから逆に無印に限った情報というのは入手できなかった。無印時代は「マニアクス分は見ないようにしとこう」と思ってたんだけど、それがマニアクス分なのか否かはやっぱり見ないと分からないから、どうせ中途半端に見ちゃってるし。

しかしカンニングするにしても一筋縄ではいかないわけで、もおいろいろやり過ぎて何やったかなんて書き切れない。普段なら長文も辞さない俺が書き切れないと断言する程にホント書き切れない。もう一段落したらまとめてざっくり書きます。


ところでダンテ隊長の進化が著しいのですが。ステンガーが即死喰らわす高確率具合ったら、俺のアイアンクロウが避けられる頻度くらいだぜ!。・・ふぅ。極め付けに「ショウタイム」。効果に英字が飛ぶし。全体万能でメギドラオンに比較して使用MP20%OFFってアナタ。それが「父の名に誓って」で威力1.5倍。ぎゃ~!!。にしてもそのスキル名は一体。そういやダンテくんはコナミ星出身だっけ?。詳しいこと知らないからウィキペでちょっと調べちゃったよ。

母親と双子の兄を悪魔に殺されたダンテは、仇を探し出すために悪魔退治専門の便利屋を営んでいた。 ある満月の夜、ダンテの構える便利屋「デビルメイクライ」に、突如、謎の美女トリッシュが訪れる。

お~!!そんで美女は?!。

てか合体中だった俺。
スポンサーサイト

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

まずは坂東宮に来ました。俺が属性魔法持ち過ぎなのでいい加減捨てたい。無印と同様ならココとカグツチ3ターミナル近辺を終えたら属性魔法は捨てていいはず。同様でなかったら後悔するのみ!。
まずは御柱一本目。以下テキストマップは前周までと同じ。
入ってすぐ左、黄色い光からワープ。その先の分かれ道を左に入らずまっすぐ前進。更に分かれ道でも前進。宝箱有。中身は大金5万円。いっこ前の分かれ道に戻る。右に曲がって回り込んで下。その先に御柱。ゾウチョウテン。属性電撃。

御柱降ろします。「たのーむ。」「遅い!。」「スイマセンいろいろと。」「体力の香いるか?やるから帰ってヨシ。」「イヤイヤイヤ。」だらだらと始まりました。と思ったら終わりました。俺らレベル上がり過ぎな上にトリと俺とが衝撃寄りだから数ターンで終了。
次行ってみます。

入ってってすぐ左折、黄色い光でワープ。道なりに進んで最初の分かれ道を左に入る。次の左右の分岐路を右。その後は道は紆余曲折するけど一本道で最下部の広場的場所に出る。こっからすぐ辿り付ける柱が一本。ジコクテン。氷結系。

「たのーむ。」「遅過ぎだ。おととい来やがれ。」「ま待って。降ろした柱戻さない!。」
かろうじて始まりました。火炎持ちが俺だけなので前ほどすんなりはいかない。でも前周までに比べたら全然余力があるから俺らしくもなく敵のカジャをデしないまま攻めて終了。魔力の香もらいました。
レベル上がり過ぎの証拠に御柱2本終えても誰もレベルが上がらず。

Lv82 主人公
Lv79 ウリエル
Lv76 ガルーダ
Lv81 ダンテ

坂東宮の鬼神殿先2体には今までデ使われたことナシ。その点今周も同様でした。たしか次からはこうはいかないハズ。一旦戻ってカグツチ3で記録したら出直し。次はノア行きます。


カグツチの外壁に出直してターミナル2から3への通過地点にある外壁の扉から入る。入ってすぐの突き当たり、妖気漂う扉の向こうにどでんと浮いてるでっかい胎児。
「ワリ。遅れた。」「・・俺もう眠いんだけど。」「じゃやめとく?。」「なわけあるかよ。」
普通に始まりました。いつもはノア戦用にレベルを上げた属性単体魔法の鬼、じゃなくて鬼女アトロポス嬢同伴で来るところだけど、今周は俺自身が属性係。敵の攻撃がアギ→ブフ→ジオ→ザンの順で来るのは今までと変わらず。第2形態では両デ持ちだけどデクンダしか使われなかった。あまり補助の状態を気にする間もなく終了。

Lv82 主人公
Lv79 ウリエル
Lv76 ガルーダ
Lv82 ダンテ

「あのさ。今回は元の世界に戻れないかもだけど、そのうち絶対戻す。」「・・それ望んでねーし。」だとしても戻す。あの場所からやり直せることがあるよきっと。一体何周後に戻るのかが不明だけど。


ノア拠点からの帰り道、突如現れたアークエンジェルが「くそおノアめ・・」などと言葉を残して消えた。そういえばアーリーマン戦後も小部屋にアークエンジェルが出て「シジマめ・・」などと呟いて消えた。これって無印で見てない気がする。記憶違いかなあ・・俺の知らないエンディングの伏線だったらどうしよう。ビクビクですが。もしこの演出に意味があるとして、分かってる方ももう今は放置してやって下さい。いずれ知ると思うから。・・ひゃ~!(<何の音?)。

さてと。次はおそらく難所デス。
ターミナル3から出て、よおし更に登るぞ~というまさにその入り口に立ち塞がるマッスルマン、トールの兄貴デター。
アニキも他のボス同様序盤はボチボチで、途中しゃべった後攻撃とデがキツくなる。単体物理は致死的。なのでカーリーおばさん作成時にはトール戦を見越してテトラカーン持たせてました。その後の深界放浪が長過ぎで、カーリー作成なんて遥か過去の事になってるあたり。そういうわけで対策は万全、と思いきや、アニキってばなんか話してそのまま攻撃に推移、しかもいきなり「タルカジャ+気合い+地獄突き」。反射入れる間も無し。ダメだあ誰かが死ぬ!と思ったらウリエルが耐えた!。HP残20程度だけど。いつもよりレベルが上がってるってこういうことか~。
その後は毎ターン反射入れる。全周までのアニキは反射が入ってても果敢に殴りに来て反射喰らう動きだったのが、今回は反射入ってると魔法攻撃に切り替えてきた。でも電撃ビリビリで硬直した単体は殴らずにはおられない性のようで、決定打はアニキ自身の鉄槌の反射でした。
俺らってばヒーローらしくない戦法でカタジケナイ。だってアニキ強いからサア。

Lv83 主人公
Lv80 ウリエル
Lv76 ガルーダ
Lv75 カーリー

そしてアニキは俺に背を見せ孤高に旅立つのでした。
ヨスガがどうこう言ってるのより、アニキはそっちの方が似合ってるし全然カッコいいぞ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

さて。登ると決めたら登りますよ。ガツガツ歩く用にスキル付けてるから俺らそういうのは速い。
ニヒロ第2のエントランスから出て気付いたけど、無印の時より、沈んだオベリスクに正面から入りにくい。自然に裏口に誘導されて「チャクラ金剛丹取っとけ~」みたいになってる。親切デスネ。せっかくなので取ってから正面入り直し。入ったらもうガツガツ登る。
オベリスクからカグツチ塔へと変わるところでカグツチ登場。以前はアマラ神殿で心覗かれたけど、今周はこっちらしい。「むむう。心まで闇に染まりし者よ。」ああそう。分かってるから言わないで。「不届者め。さっさと来い。」「・・押忍。」今までカグツチになんか言われてもムカつくだけだったけど、今周は明らかに罪の意識のよーなものがある。行かなくてもいいと知りつつ興味本位で深界行ったわけだし。でもさ行くだろ。行っちゃうよ普通。人間だもの違う悪魔だもの。みつを。そんな名前でもないけど。

各コトワリのエリアでは当然マネカタエリアに到着。他のコトワリのとこも歩き倒して香とか取るもの取って更に上へ。以下前週までと同じ記述。

186~188階、南北に並んだ3つのブロックを南側(入ってきたほう)から見て前中奥、とする。それを動かす順が、1.中を上に、2.前を上に、3.奥を上に、4.中を下に。

ガツガツ登ってマネカタが倒れてたらアーリーマン間近。行きますか。妖気漂う扉の向こう、やたらと大きくてセンス的に謎なのデター。

「どうも~遅くなりました~。」「物理攻撃禁止!。」速!。今まである程度HP削ったあとに制限が付いた気がするけど、今回戦闘開始直後から制限付き。レベル上がりすぎてるからかなあ。深界行ってたせいで未だかつてないレベルで当たってます。
制限が解けて第2形態になったら両デ持ちになると分かってるので補助は累積各2回程度。蝿の王戦で使いそびれたおばさんの暗夜剣を試してみよう。アーリーマン相手なら入る気がする。比較対象に俺が殴ってダメージ500前後。トリが突付いて450前後。さて気合い溜めた暗夜剣・・1500程度。お~。そんじゃもう一度。おお~クリティカル3000超。こ、怖・・。

Lv79 主人公
Lv78 ウリエル
Lv74 ガルーダ
Lv74 カーリー

こっから次のターミナルまではやや遠いから、一旦保存したら出直し。さてガツガツ行こう。
カグツチのターミナル2前後は一見ややこしいけど、歩き倒せば取るもの取れるし先に進める仕組み。ただMapに出るのは実際歩いたところじゃなくて見える範囲なので、Mapが出ても歩いてないところが無いように気をつければOK。このへんは複数回来てるからあたり見回して無印時と差異が無いようだったら多少端折って先へ先へ。

塔の外壁に出たらターミナル3も間近。外に出る度チンとかバイブカハとかトリが突付いてくるけど、ここはもうフレスベルグ。終盤を実感しながら突付かれる。途中宝石箱開けるのに煌天待って更に突付かれる。取るもの取ったら上へ。道すがらにムスビの拠点があるけど今はスルー。更に登ってカグツチ3のターミナルで記録。
オカマさんの店でマガタマ購入。これでラスト。ターミナル向かいの邪教館で公剣ゲット。装備できないだろーかと毎度思う。
さて次はどっからにしようか。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

は~。
病院で寝たままです。別に具合は悪くないのですが。

今更カグツチ登ってみんなと戦ったところでさ~、それはもう自由意思ではなくって、俺はあの爺さんの使い魔でしかないのでは。誰かもよく分からん爺さんのパシリて一体。タダの爺さんならともかくロクなもんじゃなさそうだしな~。露骨に悪魔顔だし。見た目の問題じゃないけど。

あ~。

「ダンテくん何か御意見は。」「別に。」ああそう。「お前の問題だしな。」うん。だよね。

は~。どうするかな~。

「足りない頭で煮詰まってんなら身体を使え。今お前にできることは。」「カグツチ塔に登る?」「あとは。」「ないんじゃないかな。」深界で細かいことやり残してはいるんだけど。シナリオに関わるようなことも無い気がするし、それに今は行く気にならんし。「なら行くぞ。」「どこへ?。」「カグツチ塔ってお前が言っただろうが。行きたくないなら来んな。永遠にココで腐ってればいーさ。腐る前に俺は動く。じゃあな。」

あ~。ダンテくんまた勝手に行っちまいましたよ。・・男らしーな。見習おう。そんじゃ俺も行きますか。
ん??ダンテくん戻ってきた?。

「カグツチ塔ってどこだ。」

・・案外お茶目だね。


コウさんサンキュウです!。深界のMap制覇は2周目以降の目標にしようかと思います(<もう2周以上回ると決めたくさい(^^;)。なんかいろいろ間違ってるっぽいし今後も間違うんだろうけど(もう選択肢もないかもだけど)、見守ってやってください。いずれ結果は俺自身目の当たりにすると思うので。・・ひ~。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

メタトロン戦、敵先攻でマハンマオン。ガルーダ&ウリエル&ダンテ、ビシッと反射or無効。ひゅ~カッコい~!!。マガタマがイヨマンテな俺、運だけでセーフ。カッコ悪!!
どんな相手か分からんけど強そうなので補助補助。敵いきなりデクンダ。そしたらカジャのみ。と、敵マカカジャ。そうきたか・・デカジャ持ちってオバさんなんだよ・・已む無し。ダンテに替えてカーリー召還。トリメカパンチ、進化型で再見参。メカが天使になっただけだけ。大丈夫ですかね俺ら。とりあえず殴ってみよう。むむう硬!。さすが超合金メカ。ほぼ物理使えないってか。

途中敵がしゃべって、それから攻撃が一層キツくなる上にデカジャ。こっちのカジャに非常に敏感に反応するから、デカジャ誘発の為にマカカジャ入れる。俺の真空刃も1回はカジャ込みになるし。体が高くないからあんまし攻撃されるとヤバイのでデカジャで1アクション消費してもらう作戦。
敵のスキルも出尽くすと回し方が分かってきた。万能と破魔系が多いだけであんましイヤラシイ攻撃は無シ。さすがは大天使殿。

・俺 真空刃、テトラジャ、チャクラドロップ、メディラマ
・トリ 真空刃、デクンダ、気まぐれにスクカジャ
・オバさん デカジャ、気まぐれにラクカジャ、おおむね「次に回す」
・ウリエル おおむねマカカジャ、稀にメディアラハン

この魅力的な要素皆無のパターンで永遠に回す。なんで真空刃かとゆーと俺が衝撃だけ高揚付いてんのとあとMP消費が少ない故。決定打が無いから長期戦覚悟。となるとMP回復はキモ。
延々と普通の長期戦を超えた持久戦。時間測ってないけど1時間くらい経過したかも。ようやくメカ崩壊。

メタトロン戦時
Lv76 主人公
Lv75 ウリエル
Lv72 ガルーダ
Lv72 カーリー

光の遣いを倒してしまうというのはどうにもキリスト教的原罪を背負うような気分にもなり。光を倒して闇も倒せばチャラになったりしませんかね。・・しないだろうなあ。とにかく次。次が本番。

メタトロンが立ち塞がっていたその先へ。ほぼ一本道の突き当たりには前と同じような格闘場。よっしゃ来い爺さん。と、格闘場中央がエレベータらしい。もっと降りるんだ。そお。・・なんか微妙に不安。まあここまで来たら行く。

果てしなく降りた先は俺が覗き続けたあの場所。胡散臭い演出の劇場で幕開け。そうか永遠に覗くだけじゃおかしいし、決戦には適切な場所だな。ヨシ出てこーい爺さん!。お。出た。またしても喪服女と一緒。おいそんじゃあと俺のこの足場の狭いのをなんとかしろー。
「よくやりました。」そうか?バアルや坂東宮の鬼神殿はあんなもんじゃないぞ。さあ正体明かすのかそれとも戦うのか!。戦ってから正体明かすのか!。「更なる能力を授けます。」「断る!。」ううわあ断り切れない!。お俺の目が赤・・怖!。怖い!!イヤ主人公な俺的には俺の目じゃなくて世界が赤いの?どっちにしても怖!!!
「カグツチへ向かいなさい。カグツチへ。」ちょっと待ったー!!俺はお前と戦う為に超合金天使を倒したのに話が違ーう!。そういやそんな話してなかったかもだけど俺はそう思ってたわけで!。俺の思い込みだろうが何だろうがここまで来たんだから戦えよコラ!待て!話が、ちがーう!!。



・・病院で目覚めました。
俺は激しく何かをしくじった気がします。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

いつも通りに入ってすぐが覗き穴。覗きます。ピーピングにも慣れたから違和感も薄い。「今まで騙していてごめんなさいね。」メノラーが盗まれたというのは嘘だったらしい。そもそも嘘くさかったから気にしない。案の定俺は乗せられたくさいけど、それにしても最終目的が今ひとつ分からない。そんで何故爺さんは口を利かないのか。先に進むかどうかを喪服女が聞いてくる。今更戻れないよな~。「これを見てから決めて頂戴。」あ。聖サン。へえ聖サン元々死んでたんだって。つーことはつまりだ。生きてようが死んでようがこの世界あんま関係ナイってことだな。業罪がどうこうって意味分からん。どう見ても悪魔寄りなアンタらが罪とか口にするのおかしーし。
やっぱり俺はそこの爺さんを殴るべきなのでは。アイツをやっつけないことには本当のことが分からん気がする。アイツ倒すとついでに聖のおっさんも助けられたりすんじゃないの?にしても正体何だろうな爺さん。堕天使長は金髪スーツ小僧じゃないのか。まあいいや。爺さんを殴りに行くついでに聞けるかも。「行くよ。」

・・勢いにまかせて行くって言っちまったけど、大間違いかもしれないんだよな。それでももお行くんだけどさ。ヤケクソな気分で第五カルパの扉を開けるとすぐにデター!ダンテくん!。散々撃たれたアンタにすら会いたくなる程にこの世界ってばキビシイわけで。とにもかくにもお互い無事で良かったよ。老人くせえ俺。「俺を雇わないか。」マジすか。「報酬は1円or有り金の半分。」「乗った。」即答。そういうことなら邪教館で散財しとくべきだったけどいいよもう金の問題ぢゃないから。「表or裏?。」「表?。」投げたコインが落ちて・・さて。ええとこのコイン何。「悪運の強い奴だな。」真剣に運は上げてるけど。てか今の表だった?俺どっちが表かも知らないわけで、適当に嘘言われても分かんなかったけど。お前案外マジメだな~。「さあ行くか。光と闇の最終決戦だ。」お、おい勝手に先行くなよダンテくん。ココはもお第五なんだから勝手に歩くと危険だぞ。俺が。待て。待ちなサイ。待って~。

第五は今までに比べたら仕掛けも緩やか。途中に墓標があるくらいで特に何も無し。
下の方では仲魔について聞かれる場所有り。

通れたところが以下 以下で通れたというだけで臨界値は不明
・力 30でOK
・魔 26でOK
・速 26でOK 23でもOK
・体 26でOK

通れないところが以下
・混沌の化身 邪神アラハバキNG 破壊神ディオニュソスNG
・古くからの友 三段階変異した大聖どのNG 鬼退治以前から連れてるホルスNG
・汝の光 ライトマ持ちのピシャーチャくんNG やたら光ってるホルスNG(笑)
・邪悪な友 試してない

禁断の書に依存したくなってきた~。でも我慢。
通れるとこだけ通ってもトウテツがちょこんと座ってる間に出る。トウテツ曰く「この下にやたら凄いのがいる」。そんじゃその凄いのとやらに会ってきますか。脇の扉から入って更に下へ。ほぼ一本道の突き当たり、あからさまな格闘場めいた場所に、出た大魔神。じゃなくて大天使。「ここから先へは通さん!。」第二の入り口で聞いた声の正体が彼らしい。実際行かない方がいいのかな、という気もしてる。だけど行くって決めたから。「悪いけど行くよ。どうしても。」「ならば覚悟!。」

大天使メタトロン、天使長のミカエル専務が巨大化して前時代的超合金メカと化した風。
・・強そうだな・・。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

月齢0を狙ってin冥府の広間。四方に広い呪われエリアの突き当たり付近にモスマンくんが立っていて「魔王ココ」と案内してくれる。気が進まないけど行きますか。妖気漂う広間の最奥、更に一層妖気漂う扉を開ける。腹の出た男デター。誰?。ベルゼブブだって。むむう。無印時代、俺的にそれは金髪スーツ小僧と一緒に出てくる婆さんだと勝手に決め付けてたんだけど。今周、それは車椅子の爺さんでした、というオチかしらんと思ってた。違うのかー。
俺の想像がどうあれ蝿の王は本来の姿に変化。まんま蝿。しかしデカイ。デカくてリアル。デカくてリアルだと虫はおおむね怖い。顔の長いバッタとか最悪。それはともかく。

この後の顛末ですが、先走って書くと俺2回死にました。ひ~・・。1度目は「死蠅の葬列」が呪殺込みと気付かずテトラジャ入れ逃し、2度目もやっぱり「死蠅の葬列」で、カーリーの暗夜剣がかわされてターンが途中で敵に回った時にテトラジャ入れ逃し。
懲りずに3度目、過去2回と同じメンツ同じマガタマで参戦。イヨマンテだけど(^^;。精神攻撃ナシの保障がない限りイヨマンテが離せない俺デシタ。意味不明な話したり金ばら撒いたりぼんやりしたりすんのが真剣に許せない。何ターンでまともになると決まってればまだ許容できたかも。趣味趣向性格なので流してやってクダサイ。
とにかく3戦目。序盤は全くデ使ってこないので楽勝かと思いきや途中しゃべりが入った後は傾向が変わる。両デされるので補助に依存できない。パンチおばさんの暗夜剣とか大技は外れがち。スクカジャ2回以上入れれば確実に当たるけどどうせデされるので大技は使わない。1ターン4回のアクションで基本は俺が2回殴り、オバさんが気合いためて1回殴る。カジャは累積させずに1回まで。これだとほぼデされない。あとは場合に応じて各自回復とかテトラジャとか気分次第で補助とか。これを延々地道に繰り返して終了。30分くらい。俺ら道中ドカドカ歩く用にスキル付けてるから、決め手的な技があんましないのでした。まあ分かってたこと。

Lv74 主人公
Lv74 ウリエル
Lv71 ガルーダ
Lv71 カーリー

戦闘後、巨大蝿が大爆発するからそりゃもうびっくり。メカだったのか?。なんやよう分からんし2度も死んでるから爽快感も薄いな~などと思いつつ部屋の外に出ると呪われエリアがもう呪われていない。帰りがけ、モスマンくんに何気なく話しかけてみる。「オマエ、オマエ、上の悪魔がカギ知ってる。」あ~・・。それってイフリート。だよね他にいないよね。・・あ~もう。もう絶対行くもんかと思ってたのに。行かないことには第四から進めないってか・・。

行きました。なんともおこっちも呪われていない。ああそう。そういうこと。呪われてる間は来なくていいってこと。ああそう!。「教えてやるよ。」くそ~いきなりあっさりか~。「俺の飲み友達がカギ持ってる。」・・なんだそれ・・再三再四、再六詣でたけど直接お前ではないわけ・・。
この世界で飲めるとこなんてあそこしかないもんな「パブ・ニュクス」。多分店名は違う。そこ行ってロキと話。「物好きに売った」。うお~俺はカギを求める旅人~!。物好きったらアイツかなガラクタ集め。アサクサの店に行って話しかけたらもらいました。カギげっと。ふ~。指示された途中のエリアがまた延々呪われてたらどうしようかと思ったよ。

カギがなくて開かなかったとこと言えば、フロストくんがいた辺り。第三カルパ?。早速行く。「帝王が帰ってきたホ。」なんだって?そんなん始めて聞くけど。「嘘だと思うなら探してみるホ。」帝王ったら誰だ?松崎しげる。それは夜の帝王。あとは悪の帝王がいたっけ。墓標のジャクアフロストくんのことかな?いずれにしてもロクなもんじゃないぞ帝王なんて。とりあえずスルー。鍵を開けて先へ。穴が開いてるので堕ちてみる。と、第四の仕切りの向こう側に出た。どゆこと?。第四に戻る。今出た仕切りの手前側の霊がスイッチ云々と言ってる。そっか、さっきスイッチ押してくるべきだったんだ。そーかあれはスイッチか。ただの飾りかと思った。もう一度第三へ。抜けてんな~俺。ヘトヘトですわ。

そしてなんと抜けてる俺は今更気付きました。アラハバキが殴れと言ってたその意味に。大体堕ちてる最中に殴れるとゆーことにようやく気付いた。遅!。「ハッ!」という掛け声と共に力を振り絞る俺の勇ましいことったらもう。どんな戦闘の時よりも勇ましいぞ・・。


拍手ポチっとしてくれたかた、コウさん、みなさんありがとー!!。ようやく第五にいけそうかも。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

第四の入り口にまた覗き穴あり。覗きます。先生に憑いた邪神について教えてくれる。ところで喪服の女は先生について他人事のよーに語る。喪服女と先生は関係ナッシング?なら俺がここ探索してる意義が薄れちまうんだけど。にしても実体の無い神が想いから創られたものってのはあるような気もする。深いなあ深界。
さて入ってみますか。うわいきなり呪われエリア。その先に「永遠の12m」。初めに入ったとき回廊が出たけど、入る月齢によって行き先が変わるらしい。いろいろ試してみる
・冥府の宝物庫~8,4
・冥府の広間~0
・冥府の回廊~2,6
・冥府の道
回廊は出口まで
(マネカタがいる部屋)→北→東→東(カップルの霊)→北(ガキんちょの霊)→北 で出れた。
回廊の隅に霊がいるけど会っても会わなくてもいい感じ。

あちこち飛ばされながら宝物庫も探索。わかりにくーいところに「ウェイテングじじい」とかいう爺さんの霊がいて、どーしても先に行かせてもらえない。いいやもう。とりあえずあきらめ。
道中大車輪メカもといソロネがウリエルに変異。お~。人っぽひと久しぶり。でも特に会話ははずまず。

第四の入り口入ってすぐ左のALL呪われエリアにも侵入。情報と宝と墓標有。冥府の広間には魔王が出るらしい。なんだろ魔王。マーラー様完全体とか?。しかし第四でもう魔王の出番かあ。そういうのは第5かと思ってんだけど。あんま戦いたくないなあ。
墓標に記されてるのはスペクターとサカハギ。再戦の意欲も湧かないようなのを集めた趣向?。もおここ来たくないから戦っておきますか。と、スペクター戦でぼんやりショックウェーブを使用した俺、反射喰らって死亡。なんだそれ~・・。いっつも万能全体魔法でドカドカやってたから属性なんて知ってもなかった。今周4回のデッド。ナメてかかるとこうなるとゆー教訓か。南無。

「永遠の12m」の先から下に降りると、開かない扉有。霊によると上のカルパに入り口があるとか。上で未解決のとこって・・あそこくらい。第二の呪われエリア。またなのかー!。ヤケクソな気分でイフリート再々訪問。何回目?5回目くらい?。「あとでな。」うおー!!!。もおイヤ。ホントイヤ。2度と、2度と来るもんかー!!。泣きながら第四に戻る。

第四入り口のプチ呪われエリアを歩きながら考える。もうあと行くとこないなあ。つーことは魔王とやらと戦わないと先が無いということか。・・ふぅ。

なんかさ~ココ第四て、仕掛けがあって迷路があって、ある意味正しい迷宮なんだけど。どんよ~りしてて、ただ歩いてても重力が強いような感じで、元気出ない。その辺にダンテくん隠れてたりしないのかなあ。俺ちょっとさびしくなってきたよ。第三ではあんなにムカつきまくってたんだけど。「おーい。撃ってきてもいいぞ~?。」
-- し~ん --。

・・そんじゃ魔王とやらにでも会ってきますわ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ふ~。ようやく下の階。
隈なく探索。押せるスイッチ3つ。見えにくい壁がある以外コレと言った仕掛けもない風。1個押してみた。帰ろうとすると、ダンテデター!またお前かよ・・。ヤツは俺が今押したのを戻して意気揚々と去ってゆきました。マメな意地悪くん役が非常に楽しそうなのは何故。俺もうへとへと。
そうかスイッチ押した帰り道を考えないとなんだな。ヤツがこう来るとして・・とか道順シュミレーション。そんでまたスイッチ押す。帰ろうとするとヤツが来る。壁の隅に寄り添ってヤツの姿を目視。よしよしアイツがココ通り過ぎるの待って・・とかって俺は悪役チンピラか。くそ~俺もうレベル70超なのに。情け無いけどコソコソ逃げ隠れして、それでも後頭部に3発程喰らう。痛~。でもなんとか脱出。そんな感じで3つ。

更に下へ。ぼったくりギャルが入り口に戻してくれそうだけど断る。来るなら来いハイテンション野郎。俺もうイライラ度Maxだから。・・キタ。来ましたよ後ろから。銃口が直接俺の後頭部。イヤそれはダメ。死ぬ。死ぬし。普通に戦いませんか。「いーぜそれでも。」戦闘開始。

「くっそー思い知れ!」補助補助。なんだろうな俺。敵、ホーリースターという名のデクンダ。そうだっけデクンダ持ちだった。前に一度戦ってたのに忘れてた。じゃあカジャ一辺倒。もお4種Maxまで入れてやる!!(<そんな怒り方もどうか)。派手な全体物理がガンガン来るけどそのオーバーアクションには騙されないぞ。稀に物理に精神も入るけど俺のデフォルトはイヨマンテだから安泰。岩水もあるから鳥より速い俺が皆を回復。行けパンチおばちゃん、気合い溜めた物理、そんで俺にも何かさせてくれでないと気が済まない。手持ちのいろいろ試したけど、俺の場合マグマ・アクシスより真空刃の方が威力が上。マグマ・アクシスって体に依存したりするのかな、現在高揚は衝撃だけ付けてるせいか。とにかくボチボチに終了。まあこんなもん。

Lv71 主人公
Lv66 ソロネ
Lv68 ガルーダ
Lv69 カーリー

と思ったら大刃!俺の腹貫通?!!。ああこれは夢で見た場面。何度か繰り返しみたあの悪夢を人はオープニングとも言う。そうかやっぱりお前か。俺終わりました・・。「爺さんの思惑通りに動くのもアレだしな。」あれ。生きてましたよ?。「これやるわ。」メノラーもらいました。「せいぜい健闘しろ。じゃ。」

なんなんだ・・びっくりし通しで話よく聞いてなかった。とにかくメノラーげっと。ハイテンション・レッドは身を翻して退場。アイツそこそこイイ奴だったのかなあ。にしても「知識のメノラー」は似合わないぞ・・。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

撃たれまくりながらスイッチ2つは押した。東通路の前にアイツが立ち塞がってるからあとはもおどうやってもアウト。ちょっと休もう。背中と尻が腫れまくり。それにこの後頭部の角んとこに当たるとすっげー痛いんだよ。多分。多分て何だ。とにかく頭を冷やして考える。
上の階ではパラメータの「力・運・魔」について試されたわけで、ここは「速」が試されたりはしないのか?もしそうなら鳥より速い俺に有利な何かがあるはず。速いと速く走れてたりすんのかな、実感はないけどな~。いいや他に手もないし、俺は足が速いと信じてみよう
通路の前に仁王立ちのダンテのとこに脇から接近。お互いの姿が目視できるとこまでにじり寄ってみる。ダンテ動かず。もちょっと寄ってみる。動かず。もちょっと。キタ!。ううわわわ走れ!走れ俺!って走り出してすぐがコーナーで、そこで振り向くのに手間取る。なんてやってるうちに撃たれて追いつかれて戦闘そして元の位置に飛ばされる。・・今までと一緒。
マップを再確認。ん~、ワープするとこあるから、北東から北西まで走って南東から出て、ヤツがいない隙に東に入れればいいんだろうけどなあ。もっかいやってみますか。
脇からヤツに接近。「ハイ俺はここですよう」とか少し離れたところからチラチラ動いてみたり阿呆だな。くそ~ココはこんな世界だったか?ヤツのバカが俺に感染したのかそれとも単に俺だけがバカなのか。キタ!。振り向いて走れ!走れ俺!ととこの振り向くのがどうもいまひと・・つ・・撃たれて・・戦闘。以上を繰り返すこと10回未満。
「はっはっは。もう疲れたのか?」・・疲れたよ。非常に疲れた。俺らどんだけ走ってんのか。

休憩。頭冷やす。

敗因を考える。要するに振り向きがうまくいかない。これはもう微アクションの問題か。ん?、駆け抜ければ振り向かないでも済むってか。でもさ~アイツの目前を駆け抜けられんのかな。まあ試してみよう。

いつもと反対側の脇からヤツに接近。そしてもうただ駆け抜ける!。すり抜けた?追ってきた!!。うお~これが追っかけっこですかねすかてぃさん!痛。ヤツが後ろから撃ってきますが!。イタタ。痛。それでも走れ俺。うお~俺今まさにチェイシング?こ、これが追っかけっこ?未だかつてない展開に動揺しまくって足がもつれたり・・してると後ろから撃ってくるし!。撃たれつつそれでもどうにかワープゾーンにダイブ。あっちから出て、おっとアイツが仁王立ちしてた場所に今は誰もいない。入れ入れ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

とうとう来ましたよ第三。
いきなり霊に言われました「お前の心に揺らぎが見える」。どき~ん。「知りたいか。」「ハイ。」即答。「砂漠に亀がいるとする。お前はそれをひっくり返す。そういうことだ。」がーん!。見事に何も分かんねえ・・。

先行こう先。おっとパラメータによって行く先が制限されるらしい。対象は力・運・魔力。速は?!俺の唯一のチャームポイントをカウントしないとは。むむう。
まあいいや行くべし。来るの遅れてるからエストマonだとほぼ何も出ない。ガツガツ歩いた結果、運のとこは全部通れて、力と魔で開かないとこが1個づつ。手持ちの香でパラメータ強化して再チャレンジ。魔も力も25で全部開いた。
力と運のとこに墓標アリ。今までの墓標は一応全部再戦したけどこっちはいいやとりあえず。全部再戦すると何かあるのかなあと気にしつつも先へ。下の間に下りるとフロストくん。「大きな剣と銃を使って悪魔をなぎ倒してるひとがいるホ。こわいホ。」あ~アイツか~。ハイテンション・レッド。そりゃ俺も怖いよ。後にしよう。
どうしても開かない間が2つ。「闇の悪魔でなければ入れない」のと「光と闇のいずれにも傾かない悪魔でないと入れない」の。俺はもう闇で決定なのでは?むう。まあいいや今開かないんなら先行くしかないか。は~憂鬱だな~アイツか~。

更に下に降りる。ダンテデター。「詳細を話してやる気は無い。後ろ向いて帰れ。」「断る!。」「そーかこの先入ったら殺す。」く・くそ~。俺より背が高くイケメンで高圧的かつ厚着更に銃刀所持。存在自体が俺の気に障るよーにできてんぞお前。迷わず先へ。扉を開けると視界の真っ直ぐ先にヤツ。と俺が認識するや否や撃ってきた!!。ううわあ今まさに俺撃たれてるしかも当たってる!。ももうダメだあああ終わった終わってるはず。なのに微妙に動ける。お俺死んでない。俺は孫悟空?。「その気ならいいだろう。スイッチを3つ押せばいいんだ。」俺はサイヤ人なのかそれともお前のその大袈裟な得物が空気銃なのか!。ああ俺悪魔だから?。悪魔ってよっぽど硬いみたい。
もお何が何だか。で、何だっけ。スイッチ?押すの?どこ。ウロウロ歩いてたらアイツが走ってくるし!。ううわあ!。くそお追われるくらいなら俺から当たってやる!。よっしゃ戦闘。喰らえパンチおばさんの激烈物理!俺もこないだ喰らったヤツ!!・・逃げた。「はっはっは。もう疲れたのか?」ってコラ逃げたのお前だから。

ホントにもう何も分からん。ヤツに撃たれまくりながらもちょっとづつ歩いて、スイッチ2つある間があることを確認。猛ダッシュしてスイッチ押した。スイッチのある狭い小部屋は壁が透明で、中に居ながらにして外で俺を狙ってるアイツが見える。なんだろうコレ。前略おふくろ様僕は今ハイテンション野郎に狩られているわけで。どういうことなのか全く分かんねえ。すかてぃさんに聞いた「チェイス」の単語が脳裏をよぎるけど、追いかけっこというより一方的に狩られているこの状態はそれではないわけですよね、それとも俺が追ってもいいの?くっそーまた当たってやる!。扉をブチ開けて俺がダンテに突進。戦闘開始、1ターンでダンテ逃避。

「はっはっは。もう疲れたのか?」・・疲れるよそりゃ。なんでお前は疲れないのか。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

開けてない扉は月輪のカギで開いた。始めにここ来た時にそのカギ持ってなかったから忘れたのかな、他にこのカギで開くとこたくさんあったから使い切ったと思ってたかも。不甲斐無シ。
扉を開けて飛び降りて階段降りて先へ先へ。おっとまた覗き穴。そりゃ覗きますよもお。お~!爺さん!アンタを探してたんだ!。「秘密を教えよう。講義その2、氷川の過去。」・・え~。それはべつに。「・・というわけで氷川はかくかくしかじかで・・以上。」え!。「じゃメノラー集めの続きヨロシク。」え~!。今更悪魔を決意した俺に何かコメントは?!。まだ俺何か見逃してる?何か間違ってますか?!。

釈然としないまま更に先へ。こっから第三カルパかな、と思ったら何かデター。馬に乗った骸骨がわらわらと。ひ~。「コラそこの!貴様、戦い続ける覚悟はあるのか!。」「おうおう!覚悟だけなら十二分なんだよいっつも!。」そんで怖くないかと聞かれたら怖いんだけどな。「なら来い!。」「おっしゃあ!。」・・って消えた。その先に行こうとしたら進めない。おっと蜀台になんか灯すんだっけか。『灯すべきメノラーを持っていない』・・なんだそれ~。
帰るに帰れないし堕ちたり戻ったり、戻りもやっぱり堕ちるし。アラハバキが「紫のを殴れ」とか言うけど、俺の目には紫に見えるものが何も無い。またしてもどこへも行けなくなったのでいい加減帰ろうかと思ったら帰り道すら無い。再三堕ちたり堕ちたり。行くとこ無いと思ってたら今度は出口無し
何をしても出られず、回復の必要もないけど、心の寄り所的にギャルな霊に一杯もらったらぼったくられて、ついでに深界入り口まで返してくれました。なんだそういうこと。

その後。カマラちゃんのところに行ったら魔人の場所を的確に教えてくれました。で、そこ行っては戦い、戻ってまた聞いてそこ行って、計4戦。
扉を見逃してたりせずに本来のタイミングで戦っていればそれなりに強敵だったんだろうけど、ボケてた俺は時期を逃し過ぎてレベル上がり過ぎ。よって戦闘も緊迫感に欠けまくり。4体中先2体ががデクンダ持ってたかな、デ持ってない方の補助をMaxまで入れたあとは4体とも1ターン以内で終了。

ホワイトライダー
レッドライダー
ブラックライダー
ペイルライダー戦時

Lv69-70 主人公
Lv65-66 ソロネ
Lv68 ガルーダ
Lv68 カーリー

これでやっと第三カルパに入れるのかな。
ざくっと書いたけど4騎士と戦うのにあっちいったりこっち行ったりして結構時間かかってます。タイムアウトで続きは明日。

カグツチ塔侵入までに深界をクリアしておくとビックリするような展開があるって教えてもらっちゃったよ。thanks。たしか前周でもコメント頂きましたよねありがとうです!。そうか~カグツチ行かなくとも深界だけ終われるのか~どうしよう、とりあえず第三を歩きながら考えます!(<入れるかまだ確認してないけど(^^;)。とかって俺未だうっすらGoodEndに未練もってんのかなあ。イヤもうどう考えても完璧無理だし。だったら深界で充実するべき。ですよね。

ええと、前に書いたのはこの周始める直前くらいだったからまた告白しときます。俺、マニアクス用の攻略本持ってます。見てないだけで。なんだそれ。初周は見ないという妙な意地を通してたり。無駄に緊迫しててスイマセン。見ればいいんですよええ。でも見ない。初周は心のままに生きて俺なりの結末を目の当たりにしてやる~!!ってもう悪魔Endだろうけど。悪魔Aとか悪魔Bとかあんのかな、どうだろ。秘密にしといてくれてOKス。いずれ知ると思うので。「あ~お前その選択は最悪」とか思われてることもあるんだろうなあ・・などと俺自身がいろんな意味でドキドキ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

深界に来ました。悪魔上等。

考えたんだけど。このまま確率的にも無いよーなGoodEnd期待してカグツチ目指してやっぱり悪魔Endで千年地獄にひとり取り残されました、という結末は耐え難いかも。どうせなら派手で賑やかな終末に逃避してやる。
爺さんに会えって言われたから深界入り口の穴から覗く。いつまでもこのピーピング野郎な方法でしかお目通りを許されないわけですか。「あら主人公くん。主は奥よ。世界の成り立ちについて聞く?。」「それは前に聞いたからいいデス。」「そう。なら戻りなさい。」
体良く追い返されましたが。
あれ~どこで爺さんに会うんだろ。前に会ったのは第一の奥だっけか?じゃそっち行ってみる。そんでまたしてもピーピング。「またアナタなの?。戻りなさい!。」「ハイ。」
うお~爺さんいないんだけど!。立派な悪魔とやらになってやろーじゃないかと腹を括ったにも関わらず行くところがないのですが!
まいったな~あと残ってるのってあそこしかないんだよ・・もう当分行ってやるもんかと思ってたのに。他に行くとこないからやむを得ず呪われエリア4回目。いつもは慎重に歩くのに半分ヤケクソだから道中アバドン3連隊相手に俺以外の皆が死んだ。俺自身も宝玉2個使用してギリギリの生還。頭冷やせ俺。死んだひとを復活させてイフリートに面会。「・・あの~」「後でな。」うそお!!。俺あと行くとこ無いんだよどうすりゃいーの!。お前いい加減何か言うべきなんじゃないのか!俺4回目だぞここ!。「何かないのか!。な・に・か!。」「落ち着けよ。後で来いっていうことはつまりだな、」「つまり?」「今じゃないってことだ。」こ、こいつ・・。「要するに。」「要するに?!。」「また来い。」うおー!!!!。
イフリートの前で俺悶死。
死んだフリして横目で確認したけどこれといったリアクションも無し。
・・帰りますか。

前略おふくろ様 僕は今とある昔話を思い出しています。かつて知人に聞いた話です。世間でドラクエというゲームが流行した当時のこと、とある年配の学校教師が、子供の心を理解するためにと自分もそのゲームを始めたのだそうです。ところがお城から出ようとすると、魔物が出て、全然先に進めません。学校で子供に聞いてみたところ「スライムをやっつけてケイケンチを積む」のがいいとのこと。だから先生は帰宅後スライムを10匹ほどやっつけました。次の日もまた次の日もそして何年も、毎日毎日先生はスライムを10匹前後やっつけ続けたそうです。この話にオチはありません。オチのないところがまさに人生であり、この話は何かの教訓とも取れそうですし、空虚な人生の一例とも思えます。
僕はココ深界でそんな生涯を終えるのかもしれません。


失意のままぼんやり漠然とマップ再確認。
・・あ。
開けてない扉があった。
呪われエリアと同じ階の南側。

俺逝ってヨシ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ど~も~。トリメカパンチで~す。おっと間違い俺はハンラでした。こりゃまた失礼いたしましたっと。

ふぅ。無理にテンション上げると尚更寒い。普通に行こう普通に。
普通にさくっと神殿再訪問。三角のを置くべきとこに置くと、天から塔が降りてくる。カグツチ塔がオベリスクを打ち据える様を目の当たりにしたような気がするけど、俺は神殿内部にいるわけだから見てない見てない。

さてとこれでカグツチがなんか言ってくるんだよな俺の心が見えないとかなんとか。・・あれ?言われない。
「で、アナタは今後どうするんですかね。」え?。もうスーツ小僧と婆さんの出番?、なんか違くない?。「創世を目指すならカグツチへ、悪魔として生きるならあの老紳士に会いに行きなさい。」え!。そ、そうなの?、これはコトワリ質問以上に露骨な選択肢!?。「アナタは立派な悪魔になると思いますけど。」・・そりゃどうも。誉めてないよね。

うわ~どうするかな~。
迷うまでもないのは分かってんだけど。
公園で先生の依頼を断ってるから悪魔Endは確実だと思ってる。思ってるんだけど実は、「先生にはこれ以上クレイジーなことに関わってほしくなかった」とゆー俺の判断でもGoodEndにこぎつけたりしないだろーかなんて、実はまだ心の隅で期待してたりもしました。9割9分、イヤそれ以上に無理だとも思ってるんだけど、でも。

カグツチ行く前に深界行ったほうがいいってアドバイスもらいました。ありがとー!。でもそれはやっぱり悪魔End前提なのかな、てかもう俺悪魔End決定なんだけどね。俺はなにをそんなにあきらめきれないのか。

うわ~なんか思い切りつかない。
ごめん今日はここまで!。



拍手経由でメッセージくれたかた、鍵付きになってるからお名前出さないけどThanks!。
あと拍手のとこポチっとしてくれてる皆さんにもいつもすごく感謝してます!。こんなヨロヨロした戦記を応援してくれてありがとう!。今日はあんまし何もしてないけど、間もなくまた動きます。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

出せない手紙を心で書いてる場合ぢゃありません。中央塔はすぐそこ。ガツガツ歩く。ちょちょっとすいませんカーリー様、少し離れてもらえますか今剣先が俺の背中かすったから。そう。そうそう。間にメカ、じゃないソロネさん挟んで。そう。見ての通り俺半裸だから。気をつけて。頼む。お願い。
金の扉の向こうでは氷川氏と先生が会談中。もちょっと隠れてて動向を窺おう。だからみんな静かに。そこ、カーリー様、刀を擦り合せない。音するから。うわホラ見つかった・・。
「なんだキミか。黙って見ていたまえ。」「ええと、止めます。一応。」「じゃアレ呼ぶぞ?」「・・押忍。」
止めてもどうせ止まんないんだけど。先生の手前、俺はシジマに大賛成ってつもりでもないことを証明しておこうかと。にしてもアレは厄介だけど、已む無し。

赤い龍出ました。書に無いスキルの猛反撃を持ってたり持ってなかったり。試しに俺が殴ってみる。キタ。猛反撃アリデスヨ。どうするか。両デ持ちと知ってるからもう補助は使わない。俺とガルーダが真空刀入れてみる。む~効かないこともないけどいまひとつ。そしたら猛反撃覚悟で試してみてもらえますかカーリー様。気合いをためたら、必殺・デスバウンド!。む~。俺とガルーダの真空刀とさほど変わらん。猛反撃もキタ。猛反撃のダメージは致命的ってほどでもないけど、デスバウンド自体でHP減るわけだからなあ。
これといった策もないままダラダラやってると、遂にキタ「神の悪意」。うわ俺以外皆ステータス異常。ちなみに俺は直前に神経無効習得しててかつマガタマが精神無効なので安泰。鳥より速い俺が今まさに役に立つ。皆がおかしげな動作をする前に岩水で解。ソロネがまだ魅惑中だけどそっちは次ターンでいいや彼は攻撃力も低いし。と思ったら、ソロネ、敵に対してメディアラハン。・・・うそお・・。

仕切り直しですよ。開戦状態から始めるならまだしも、もう俺らのMP半分なんだけど(涙)。失意の俺らに畳み掛けるように敵が「神の悪意」連呼。俺はもう単なる岩水&ディスチャーム係。ソロネを優先的にまともにしておこう。オバさんが魅惑のまま残ってるけどそっちは次ターン。あ。オバさん気合い溜めてるんだった。それヤバくない?。・・あ。俺を見てる。うそ!ダメ!ダメだから!!お俺5つのパラメータの中で「体」が一番低いの!!(<それもどうか)。だから勘弁!いやあ来ないで!!ぅキャー~!!!。

し死ぬ。今俺気持ち的に確実に死んだ。ケツアルカトル連隊にバックアタック喰らって死んだときよりも確実に激しく死を意識した。瞼の裏にベイビーエンジェルが見えた。未だ動悸が激しい俺のHPは13。メカ・・じゃなかったソロネ様メディアラハンをどうか。どうか俺に。

その後もこれといった策もないまま。MP使用量の少ない属性魔法で地道にHP削ってなんとかかろうじて終了。予断を許さない長期戦デシタ。ふ~。

サマエル戦時
Lv69 主人公
Lv65 ソロネ
Lv67 ガルーダ
Lv68 カーリー

サマエルに勝ったから何がどうなるということもなくて、氷川氏は半裸で守護と合体。
先生は俺に三角のをくれてから、邪神と共に消え去りました。
・・こんなんいらないよ。世界をどうにかする以前に俺は俺ひとりをどうにかするのもままなってないんだから。なあ先生、ただ一緒に前の場所に戻ってやり直すってわけにはいかないのかなあ。なんて呟いたところで、もう誰もいないんだけど。
あ、いた。トリとかメカっぽいひととかオバさんとか。・・いてくれて良かった。ホント。じゃあみんなで神殿にでも行きますか。この三角ので状況を動かさないとな。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

前略おふくろ様 僕は今、とっても優秀なメンバーとボルテクス界を放浪しています。トリにメカにパンチです。愛嬌一杯のスパルナはいつの間にガルーダに変異しました。攻撃の際にふり絞る雄叫びはゲロ吐いてるのかといつも心配になります。練りに練った魔法持ちのソロネは、ヒエラルキー第三位の上級天使らしいですが、僕には大車輪メカにしか見えません。そしてカーリー、彼女は地獄の大陪審を一撃で倒しました。とっても強いんです。カーリーおばさんは普段歩いてる時も血塗れの剣を振り回してます。半裸な僕の生肌にその剣先が触れそうだから、僕はただ歩くだけでも気を抜けないわけで。
おふくろ様、僕のチームのメンバーはとっても優秀なんです。
なのに何故だろう、心が寒いです。

ああでも嬉しいこともありました。合体をがんばって、名も無きお方に褒められました。ありがとう。
どんな世界にも救いはあるのですね。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ようやく議事堂に帰還。さてマダ戦。無理矢理入れ込んだマカカジャを使わせてくれマダ夫さん!。
デクンダ持ちのデカジャ持たずと知っているからカジャ系連呼。俺のしょぼい属性魔法も最近は入れ替わってさほどしょぼくないぞ。補助Maxに累積させたら真空刀とかマグマ・アクシスとか試し撃ち。ダメージは・・まあまあだな。目が覚めるほどでも無し。タラタラやってたらパズス召還された。そしたらもう俺以外のメンツが持ってる万能全体魔法でガツガツ。それじゃ雑魚戦と一緒。

マダ戦時
Lv67 主人公
Lv64 ソロネ
Lv66 ガルーダ
Lv59 セイテンタイセイ

次行ってみよう次。銅像がたくさんある間で「当たりはどれだクイズ」。正解は銅像の影が無いやつ。「これでーす。」「うぬうよくも。」モト戦開始。
よーし、いきなり俺がショックウェーブ。しかしかわされた!。まさに俺がショック!。鳥より速くそして体より魔より力よりも運を上げている俺(<阿呆)の魔法をかわすとは!!。やるな貴様!。そしたらスクカジャを2発ほど。どうしても補助依存(涙)。
モトもマダ同様デクンダ持ちのデカジャ持たず。そんでマカカジャ持ち。向こうの補助はこまめに解して俺はショックウェーブ連呼で攻撃回数を増やす。でも増やしたところで俺以外は電撃持ってないからみんな暇。退屈しのぎにみんなが補助補助。カジャMaxのショックウェーブならまあ効くし。間もなく終了。

モト戦時
Lv67 主人公
Lv64 ソロネ
Lv66 ガルーダ
Lv60 セイテンタイセイ

モト戦後はターミナルに戻りがてら、前には閉ざされて進めなかった廊下の先も歩き倒すと宝箱がある。戻って取るもの取ったら出直し。銅像の間に入り直してその先から出て歩くと本会議場。ミトラ戦。

さて今度もいつものメンツで・・と、ようやく思い出した。せっかく作ったカーリーを今まで全然使ってなかった。大聖どのよりレベル8つも上なのに。せっかくだから前に出しますか。スキル的には3段階変異後の大聖どの以上。使わなきゃ損。
・・にしてもこれわ・・萎える以上に・・なんだろう。元の世界でこんなひと見たことあるような。景品交換所だっけか、パンチのオバちゃん。・・怖い。萎えるどころか積極的に引く・・イヤそれは日本語おかしい。とにかく、なんだろうな、いいやもう脇見ない俺。

とにもかくにも有罪裁判。ミトラに弾劾されるけどどう答えても有罪。「悪魔と認めるか。」「いいえ。」「有罪!。」あ~あ~ああそうですか。そんな歌があったような。とにかく戦闘開始。
破魔と呪殺の両方使われるけど先攻は俺らで俺がテトラジャ持ちなので問題無し。おまけに敵はデ系持たず。なのでランダマイザとタルカジャMaxまで入れる。俺はもおテトラジャ専任だからニューフェイスのオバちゃんが気合いを溜める。スキル付加の為の御魂強化で元々高い力が更に2分増になってるオバちゃん、刀を構えた。そして、必殺・デスバウンド。
わ!。ダメージ2000台が2回!!。お、終わった!!一撃で終わった!!
・・怖!。
こわ!!。

怖い!!!


ミトラ戦時
Lv68 主人公
Lv64 ソロネ
Lv67 ガルーダ
Lv67 カーリー

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

さて議事堂。1階の銅像の脇を通ると呼び止められてスルト戦。このひと獣の眼光とか猛反撃とか書に無いスキル使いがちなんだけど今回はどうだろう。
敵先攻で一発目がデクンダ。それってどうなの。とりあえず殴ってみる。猛反撃キタ。そうかやっぱりそうなのか。どうするかな~こんなに炎なのに氷結弱点でもないんだよね。そしたらカジャ系入れてあとはしょぼい属性魔法でボチボチ。10分くらい。

スルト戦時
Lv66 主人公
Lv64 ソロネ
Lv65 ガルーダ
Lv59 セイテンタイセイ

まずは議事堂の西側歩き倒し。ロックのかかった扉を向こう側から開けると、そろそろ記録しとけとばかりにターミナル。ご親切痛み入りマス。一旦記録したら今開けた扉の対面の扉も開ける。道がぐらぐら揺れる廊下のその先は、たしかマダ夫さん。殴れないんだよな~。しょぼい属性魔法もあるにはあるけどな~。
俺らのスキルを見直してふと気付く。今のスタメンて誰もマカカジャ持ってないや。ん~。
俺が習得できないこともないんだけど。今まで過去5周俺ずっと補助担当だったし、なんかもっとこう主人公くさいことがしたいんですよ。今周何が出るかとずっと属性魔法持ってるから、今後ももう少しこの傾向で行きたいような。だとすると誰に持たせるか。と、考えて、ソロネ。作ったばかりのこのひとを作り直したい気分。ひとというよりメカっぽいから作り直しに気持ち的な抵抗も少ない。おし邪教舘へGO。

さて来ましたよ邪教舘。現在初期レベルのソロネのスキルは以下。
Lv64 ソロネ:マハンマオン/プロミネンス/洗脳/メギドラオン/デクンダ/勝利の雄叫び/マカトラ/静天の契り

成長し切った時点ではマハンマオン、洗脳がメディアラハン、ランダマイザに置き換わる予定。頭3つが元から持ってるヤツ。その他のが俺が入れ込んだヤツ。想像付くと思うけど最後の「静天の契り」は望んだわけじゃなくて入ってしまったゴミ。これをどうにかマカカジャにしたい。その他のスキルはこのままにしたい。さてどうするか。
いろいろ考えたけどこれが結構ムズカシイ。半分逃避的に全然違うの作ってみたり。
Lv67 カーリー:テンタラフー/デスバウンド/デカジャ/テトラカーン/気合い/タルカジャ/ラクカジャ

成長するとデスカウンター、暗夜剣、三分の活源が付く。大聖どのと俺のレベル差が開き始めてきたから交換役に大聖どの所持の物理反射とカジャ系を入れた。ちなみに大聖どの自体はまだ存命中。カーリーは性質に氷結弱点が付いてるから大聖どのは控え。俺普段弱点持ちのひとは使わないんだけど、なんか作っちまった。ソロネ作り直しから逃避して余計なことやってるかも。だってゴミを入れないのって思った以上にムズいんだもんよ~。
そんなに無理して作んなくともいいと言えばいいんだけど。ソロネってあれこれの基本じゃないスか。ソロネからウリエルになって、そっからケンシロウくさいあのひととか、胸があるのに腹筋も割れてるあのひととか、ダンディだけど加齢臭漂う常務なんかができるわけだから。全書で一番練っておくべき要所でもあるかと。

そしたらそもそもから考え直してみよう。スキル枠は8つ。初期で埋まってんのが3つ。残り5つ。5つの枠に2個づつ御魂合体3回できれば楽なんだけど。できんのか?。いろいろ考えた。結果、できない。無印用の書にこんな公式を見つけた。
継承できるスキル数=(素材悪魔の総スキル数+2.7)÷3.7

わけわからんですが。つまり、素材が今持ってるスキルを合計した値によって継承スキル数は
2~5→1
6~8→2
9~12→3
13~15→4
16~19→5
20~23→6
24→7
てことらしい。

御魂合体したとして、今回入れ込みたいスキルはどれも御魂がそもそも持ってるのじゃないから、それ作るとしたら御魂自体のスキル数が増えるし、それで強化したのを更に強化するとしたら2回が限界。とするとやっぱ、初期状態を合体で作ってその時にある程度欲しいスキル入れて、残りを御魂で入れるしかない。で、合体時も強化時にもゴミ混入を許さない。キツイな~。スキル1個入れ替えたいだけなのに

うお~めんどくさい!。でもやると言ったらやる!。で、やりました。概要は以下。

・ソロネがいたままでは作り直しできないので他の天使と合体させて精霊化。
・オベロン×イソラ→ジン ジンを含んだ妖魔2体でアクアンズ作成 オベロンを使ったのは初期状態でマカカジャ持ちだからスキル数調整の為 イソラを選択したのもスキル数の都合
・ドミニオン×作りたてアクアンズ→ソロネ スキル数の都合でドミニオンは洗脳した素のを使う
・元のソロネから作った精霊を御魂化 どの種の御魂にするかは上げたいパラメータで決める これに直前にできたソロネに漏れたスキルを継承させる
・できたソロネ(空枠2つ)を上記御魂で強化

結果が以下。
Lv64 ソロネ:マハンマオン/プロミネンス/洗脳/メギドラオン/デクンダ/勝利の雄叫び/マカトラ/マカカジャ

成し遂げたよ俺・・。燃え尽きた。もう白い灰。本日はここまで。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

や~久しぶり。ここんとこ日記は日ごと書いてたけど、神殿から坑道入り口まで一気だったから、その後少し時間があいてた。さてと坑道。あ~なんか今まで激しい経緯があったような。なんだけ。などとぼんやり歩いているとケツアルカトル連隊にバックアタック喰らって俺石化。そんでもって動けず何もしないまま死んでました。・・何事。今周3回目のデッドがこんなこととは。

生まれ変わって気合入れ直し。ようやく目が覚めた。といっても坑道はガツガツ歩くだけ。ズルズル滑って落ちて登ってMap全部出せば取るものも取れる。十字のB5はB3から北に落ちると宝石箱が取れて、西に落ちて西に出ると外に出れる。坑道出口のカスミガセキ駅は改札出た左奥に宝石箱有。議事堂に着いたら真っ直ぐ2Fに上がって記録。

さて~。一旦落ち着いて考えてみる。アレは何だったのか。アレとはつまりこないだ会った魔人。「最後のメノラーが云々」と言われたけど、云々の詳細の記憶が無い。なんだっけ。思い出せる限りでは進展待ちなのって呪われエリアくらいなんだよなあ。・・また行ってみますか。

ターミナル経由でさくっと深界。呪われエリア3回目。レベルが上がったから前よりは随分楽だけど、それにしても大変。なんとか抜けたその先にはやっぱりイフリート。その足元に俺土下座。「いいかげん教えてくれ!頼む!!。ここ来るたび俺レベル上がってボスの挙動も変わるし、大体来るだけで大変なんだよ頼む!。」「あとでな。」うそお!!。うそマジで?、最後のメノラーが云々とか言われたのに俺まだ第二カルパから進めてないけど?そういうものなの?「どうなの?!。」「あとで。」うそ~だからあとっていつ・・。
肩を落として帰還。なんか見逃してる気がする・・思い切りがつかないので第一カルパ行ってカマラちゃんに面会。「魔人はヨヨギ公園西側。」え。それこないだの魔人のことじゃなかったんだ。俺の頭ん中にボルテクス界の地図ができてないから、あの坑道入り口がヨヨギに近いのかななんて思ってたよ(<バカ)。そういうことなら行ってみる。

西側ってことはシブヤ寄りのはずだからターミナル経由でシブヤ行き。そっから歩く。霊達が女の話してる。何かいるっぽい。東側で先生がいた小部屋に入ってみる。なんかデター!。
後姿の綺麗な女ってのはまたしても骸骨魔人。そんで首がたくさんある怪物に乗ってる。ひ~。
とりあえず補助補助。でもデクンダされた。そしたらカジャ系をMaxまで。敵は気合いをためて小物理連打でくるけどラクカジャMaxだとたいしたことなし。謎のスキルでたまにステータス攻撃がきても俺普段のマガタマが精神無効なのでこっちもほぼ大丈夫。10分くらいで終了。前の魔人の方がしんどかったような。眠過ぎてボケてたからかなあ。マザーハーロット、キャプテンハーロック。似てない?(<未だ寝呆け)。

マザーハーロット戦時
Lv64 主人公
Lv58 ロキ
Lv64 ガルーダ
Lv58 セイテンタイセイ

結局深界の進展は無いまま俺のレベルだけが上がる。そろそろソロネ作っておかないと。全書100%を目指してるので変異するひとは積極的に使っていかないと。で、邪教館で作りました。詳細はもう省略。
さてできました、と。で、このまま議事堂戻んのか~・・あ。思い出した。シゲちゃん。
ユウラクチョウ坑道に戻ってシゲちゃんに鬼門の玉をもらう。そしたらアサクサに行ってガラクタ集めの店の前通って外に出て北。北の神殿。
「たのーむ!。」「お~。めずらしく忘れないで来たな。」「なにか忘れてないかしきりに考えてるから。なのに第二カルパから進めないんだよ。」「そっちは知らんが。とりあえず力比べしとくか。」
今までの経験からするとこの段階の鬼神殿は補助系使ってきません。そんなんでこっちは補助Maxに入れさせてもらう。そしたらあとはボチボチ。

ビシャモンテン戦時
Lv65 主人公
Lv64 ソロネ
Lv65 ガルーダ
Lv59 セイテンタイセイ

「まあこんなもんか。そしたらコレやる。続きはあっちでな。」「押忍。」グンダリもらいました。

おっとそういえば俺の力のパラメータが現在23。力の香1個持ってるからもうOKか。バタバタ戻ってターミナル経由でイケブクロ。地下牢までダッシュ。ガイアげっと。残すはカグツチ塔で売ってるやつのみ。ストーリー上では今までで一番早くガイアゲットしたかも。つまり深界でウロウロして俺レベルが上がり過ぎとゆーことです。議事堂戻りますか。
次はあのやたらと炎なひと戦。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

どうにも寝れる気分ではなくなってきたのでそのままギンザ行き。記述の間が空いてるけど神殿3つから続いてます。眠いのも度を越して判断力ゼロだけど惰性で進む。
バアルがギンザ・サンノウを示唆してたのでギンザから外に出て坑道へ。入り口はニヒロ第二エントランスの奥。レインボーブリッジは魔人とか出そうでちょっとドキドキ。でも出ませんでした。ヨヨギって言ってたっけか、自分から会いにいくべきなのかどーか。後にしよう。今は極限に眠いし。

ユウラクチョウ坑道のあっち側にはたしか穴掘りシゲちゃんがいるから、ギンザからの道中はエストマかけずに歩いてレベルの低いひとを洗脳。ジャックランタンくんを捕まえました。またシゲちゃんに「弱そう」って言われるけどいいや。とかぼんやり考えつつ地下鉄の駅に入ったところでメノラーの炎が!。炎が!!。「とどまりますか?」お、おう。「本当にとどまりますか?」そんな風に聞かれると逆に戻れないだろてか誰に聞かれてんだよいつも思うけど!・・っと落ちた!。でもまあ慣れてるし。・・って、うわあいつもより激しく落ちてますが?!。落ちてる最中に何かが。何かが俺に話しかけてきますがちょっと無理。今は無理。聞く余裕ないし!。最後のメノラーがなんとかとか言われてるみたいだけど最後って?確かカバラ数秘っぽい数ええと11くらい集めろって言われたような気がするけどまた全然そんなに集めてないですよ何か俺間違ってましたか??!。

前も来た謎の空間に着地。殊更に身を低くした着地スタイルは某アメリカンヒーローを気取った風その実ビビッて辺りを窺ってるだけ。・・ぎゃ~飛んでる・・骸骨が・・。終末のラッパを吹き鳴らす係ですか俺まだそういうレベルではないでしょ(涙)。

難しいこと色々言われたけど激眠い上にパニくってるから理解不能。何も分からないまま戦闘開始。
とりあえず補助補助。敵が使ってくるスキルが聞いたことないのばっかでわけが分からない。分からないんだよう~あ。大聖どのが瞬殺されましたが。何?何事。あ。敵の技をスパルナが反射した。つーことは衝撃系の何か?。さてどうしよう俺。考えてはみたものの眠過ぎて思考停止。・・ダメだこりゃ。

とりあえず深界で買ったヌエ召還。で、ヌエのサマリカームで大聖どのを復活させる。ヌエは前出しとくにはレベル低過ぎなので次ターンで戻す。替わりにケツアルカトル召還。余った素材をてきとうに組み合わせただけのやつ。前出すつもりなかったんだけど。であとは何をすれば。ええとヤツは衝撃系なの?、電撃系を試し撃ち。・・ん~別に弱点でもないらしい。とかやってるうちにスパルナが死んだ。あ~もう何でやられたんだったかも分からん。この時点で長期戦覚悟。またヌエ呼んでスパルナを生き返らせてヌエを戻してバフォメット召還。この調子で回していけば誰が死んでもなんとかなるはず。俺が死んだらアレだけど。
今周はどんなんが出るか分からんと思ってしょぼい属性魔法全部持ってんのにそれでも弱点は探せず、地道に殴ったり魔法入れたりしてなんとか終了。20分くらいだと思うんだけど眠過ぎて時間感覚麻痺してるから40分かも?もうなんにも分からないよ・・。

トランペッター戦時
Lv61 主人公
Lv49 バフォメット
Lv55 ケツアルカトル
Lv56 ロキ
Lv56 セイテンタイセイ(途中逝)
Lv58 スパルナ(途中逝)
Lv31 ヌエ(途中召還&戻)

戦闘後、控えだけど復活してたスパルナ(見覚えの成長)がガルーダに変異。

何がどういうことだったのか全く理解できないままシゲちゃんとこにランタンくんを置いて、向かい側の坑道に入ったらすぐにターミナルで記録。だめだ。もおいいかげん寝る。オヤスミナサイ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

大量殺戮現場にやってきました。記述の間が空いてるけど神殿から直行してます。眠過ぎて判断力も低下しまくってるけどその方がいいです。俺何寄りかと言えばどのコトワリよりもマネカタびいきだから、このへんは正直痛過ぎ。実際R指定だよこれわ。
眠くてふらふらしながらミナフシロの奥へ。道中またしても天使コンビが現れて「弱い奴らはこうなって当然ですよね」みたいなことを言いやがる。黙れ蝿野郎共ココ降りて来い。そう思いつつもシステム的に寡黙な俺はいつも通りに一言で回答「いいえ。」

転んでるマネカタに話しかけると「あいつらやっつけて来てくれボク隠れてるから」と頼まれる。なんだろうなこの腰抜けぶりがまた痛い。それに知ってんだよ俺が戦って戻ってくるとお前もういないんじゃん。一応「わかった」とは答えるけど釈然としない気分。更に奥へ。辺りはマネカタの死体だらけ。そんなかの一体が何か持ってる。傷薬1個。そいつをかっぱらう。いいやこれで。これ代金ってことでお前らの仇とってやる。

更に奥へ。3層の宝箱の奥には宝石箱もあるけどそれは帰りに。ガツガツ奥へ。最深部、いましたフトミミ氏と千晶。ちょっとした高みで2人はもめている模様。クソ千晶、何かあったのかは知らないけどやり過ぎだろお前、降りて来いや!。フトミミ氏が俺を俺すら忘れてた苗字で呼んでお前は本当はイイ奴だろうとか言うから逆ギレ。お前は黙っとけ俺は依頼されて復讐に来ただけだから。

「降りて来い千晶!。」どうやら今までの経緯で俺はヨスガ寄りではないと認定されているらしく、私を選ぶのどうなのとか千晶に聞かれもしません。で、降りてきました。千晶じゃなくて大天使3体。御姿がやたらと美し過ぎて不意に湧いた敬虔な感情に押され膝を折ったりするかっつーの眠いんだよ俺はさっさと済ませようぜ。

大天使3体は補助系持ってません。なので負ける気がしない。反射は多用されるけど万能魔法があるから関係無し。こっち補助Maxに入れたらあとは全体魔法でガツガツ・・と思ったらディアハン使われた。ラファエルがそれ持ってるのは知ってたけど実際今まで使われたことはなかったので使わないもんだと思ってた。深界行った都合で俺レベルが上がってるせいか、ボス達の反応が今までと違う。まいったな~なんて思ってたら破魔系魔法もガツガツキタ。今までそれもほぼ使われてないんだけど。あせって今更テトラジャ入れる。
回復持ちのラファエルは何故か自分には回復を入れず先に逝きました。なんだよ自分に入れてもいいんだぞ自己犠牲なのか?、そういうことされるとかえってやりにくいぞ。眠過ぎな俺は逆ギレもいいところ。回復役がいなくなればあとはまあボチボチ。

Lv60 主人公
Lv58 スパルナ
Lv55 セイテンタイセイ
Lv55 ロキ

俺が戦闘でもたもたしてるうちにフトミミ氏が逝き、千晶がバアル化。
おそらく悪魔Endが決定しただろう俺は、今後も突き進むだけ。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

お初に白から。あちこち激しく飛ばされるけどMap全部出すつもりで歩くと1Fは取るものも取れる。2Fは飛ばされ具合が複雑だけど、扉のinとout両方試せばヨシ。つまり扉をブチ開けて飛ばされなかったら振り返って入り直してみればOK。

道中ロキが「悪戯」習得。女性と子供に有効らしい。おっさんが悪戯てそれはもう犯罪。しかし今周口説きスキルはあなどれない。「洗脳」はレベル差10程度ないとキツイのに俺らは道中エストマかけ通しでエンカウントする敵はレベル差10未満。つまり道中はほぼ口説けないわけです。背に腹は変えられんオジサマに頼んでみよう「悪戯」。
露出度満点なマッスル中年が「悪戯」発動。対象はティターニア女王様。彼女はメディアラハンを習得するからここで口説いて育てておけば黒神殿時ソルニゲル後の回復に非常に有効。がんばれおっさん。うわベイビーとか楽園とかゆってる。ひ~。イヤ引いてる場合じゃないな真剣に応援。押せ~・・。普通に怒られてターンが敵に移って交渉終了。まあそんなこともあるさリトライ!。
・・その後。ロキ様は3連続でフラれました。4回目、「効果テキメン」が出たにもかかわらず金品要求されて最後は交渉決裂。・・悪戯大失敗の巻、か。ふぅ。
そんな間におさるハヌマーンが「誘拐」習得。ヨシもおそれでいーよさらっちまおうぜあっさりと。「悪戯」も「誘拐」も使うの周を通して初。どんなんか見たいし。よし妖精の女王様に「誘拐」発動。行けえおサル!。「あらワタクシを誘っているの?。」ってお前ら普通に会話してんじゃん!。しかも普通にフラれた・・。
もおいいよ俺らはレベル差あるのしか口説けないんだよそれでもなんとかなってるからいいやもう。破魔の霊扇ゲットしたら3F。ボス戦。

白神殿の神はやたらでっかいの一体そこそこなの4体。復活させ合うからトドメが1ターン内じゃないとイケマセン。敵は補助持ってないからランダマイザ&マカカジャMaxまで入れる。俺がでかいひとを殴って下向いてくれたら敢えて次ターンに持ち越し。次はここぞとばかりに全体万能魔法連呼で終了。

威霊 アルビオン and その他戦時
Lv57 主人公
Lv55 スパルナ
Lv53 セイテンタイセイ
Lv53 ロキ

ボス戦直前にハヌマーンがセイテンタイセイに変異。その時「誘拐」捨てちまいました。もしかして稀にかっさらったりするんだったのかなあなんて思いつつ。


さて次は赤。影を踏むとにゅ~と手が出てきてキモいです。前周までのテキストマップは以下。
1階の5つ並んだ扉は奥から(東から)2番目が正解。2階は影の状態で北東の小部屋に入り、斜め隣の部屋の光で戻す。その後北側から出て北東の角部屋に入り直して南に出る。その後開ける扉は進行方向に左、右、真ん中。

道中ロキおじさんがヤケクソ気味に「悪戯」。ココの女性はヤクシニーとかダーキニーとかこわいひとばかりなので俺的に成功してもいいけどしなくてもいいような・・ってどっちも一発で大成功ですが?!。おっさんてばフィジカル系にモテモテ?肉体派には露出が効いてたりしますかそれとも単にレベルの問題ですかいずれにしても女性2体に100発100中ですよ実際2発だけど。すげ~。すげえよおっさん!見直した!。

3Fでボス戦。ここの神は物理吸収の地母神様。ルックスはカルピスの初期ラベル風。これもいつまで言うんだか俺。
彼女は両デ持ちだけどそんなには使われない記憶があるので一応入れる。でもデクンダされた。じゃあカジャ。と思ったらデカジャされた。む~。ココ来るまで深界行ったりしていつもより俺レベルが上がってるから敵の対応もキビシイかも。補助入れ直す気も失せてもお普通に魔法魔法。
タルカジャ2連発が来たら次大地震なのでテトラカーン。「その気でタルカジャ2連発入れたけど物理反射入れられたから大地震やめとくわ」という風にはならないのは変わらず。大地震が反射されるとターンがこっちに移るからある意味お得。あとは地味に魔法でガツガツやって終了。

地母神 スカディ戦時
Lv58 主人公
Lv56 スパルナ
Lv54 セイテンタイセイ
Lv54 ロキ


最後、黒です。ここは特別にトリッキーな仕掛けもないのでまあ普通に歩く。ライトマonでも暗くて困るな~ウチのディスプレイ古くて暗いからほぼ見えん。イヤ主人公な俺的にディスプレイなどありません目が悪いので良く見えないとそういうことです。実際そうだし。イヤだから実際暗いと。

ここに限ってボスは最下階。どうせ死ぬから記録しとけよ風にターミナルもすぐそこ。親切設計が呪いのようにも感じられますがいずれにしても記録。さていってみますか~。

アルシェルは無印時の書によると両デ持ち。なのに過去一度も使われた記憶がありません。なのでまずはランダマイザ連呼。そしたらデされた。なんと。じゃあせめてカジャで。と思ったらこっちもデされた。うわ~。なことをやってるうちに来ました吸魔。吸魔吸魔吸魔吸魔。連続5回吸われました。すかさず物理反射を入れとく。にしてもソルニゲルは防げない。直後の物理だけ反射してターンが俺ら。ティターニア女王様ナンパに失敗してるから回復は俺のメディラマのみ。回復率は7割程度。2度掛けすれば全回復いくけどどうせまたソルニゲルだからもおいいや。案の定再度吸魔の嵐。もお俺らMPほぼ無いし。あ。そういやここの魔王殿は「魔法全般に強い」なのに今まで俺ら魔法ばっか使ってた。神殿3つ目、俺疲れてバカになってる模様。まいったなおサルなんて物理反射入れる以外今までずっと休んでたよ・・。
どうせ吸われるのでMPは俺とサルが魔法使うときだけドロップで補完。俺とサル以外の仲魔はもお終始MP0だけどMP0のひとにもアルシェルは普通に吸いに来るという事実を確認。どんどん来いや~。

俺はもう頭ぼんやりしたまま惰性で殴る。おサルも惰性で殴ったり思い出して気合いためてみたり忘れてただ普通に殴ったり。吸魔来てんのに物理反射入れてもらうの忘れて物反鏡でしのいだり。ダラダラと20分くらいで終了。戦闘自体は多分緊迫してたんだけど、神殿3つ連続は俺の緊張感が持たなかった。退屈なわけじゃなくて眠い。非常に眠い。

魔王 アルシェル戦時
Lv60 主人公
Lv57 スパルナ
Lv55 セイテンタイセイ
Lv55 ロキ


眠いけど勇が呼ぶのでよろよろと外へ。「ダメだ。眠い。眠いんだよ俺。あとじゃダメかな。」「・・別にいーぜ。寝て起きたら終わってると思うけど。」あ。聖サンが磔状態・・。
俺正直なところ勇かおっさんかと言われたらやや勇寄りだけど、だとしてもその勇自身にどっちが心配かとか聞かれたらなんか素直に「お前だよ」とは言いかねるし、それにこのあからさまに危機一髪な状態で「何をしてるか聞く」場合じゃないだろ普通。「止める。」

止めたところで止まらないのはいつものことで、おっさんは深紅の海へ贄として堕ち、勇は名も無い邪神の裡に胎児返り。あれを怖れるかそれを怖れるかと聞かれた問いの内実が、今や現実の場面として俺の目の前に繰り広げられてゆく。胸に湧く想いは、怖れじゃないな。なんだろう。

ふらふらと神殿を後にする俺、その目の先にはドミニオン&パワーの天使コンビが中途半端に現れて、ヨスガがどうとかアサクサがなんとか言って去っていく。ああそうだなこの気持ちは怖れじゃなくて憤りか。ミナフシロがどうなってるか俺もう知ってるし。そうだ俺お前らを潰すわ。ヤツ当たりかどうかはともかく。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

深界から戻って次はどこだっけ、そうだフロストくん。ターミナル経由で捕囚所。階段をぐるぐる回って上がるだけであっという間に最上階。ワルのフロストくんはたしかいつも先攻で一発目がマハムドオン。そこさえしのげば俺がテトラジャ持ってるので大丈夫。呪殺に弱いホルスだけ下げて、あとはマガタマを呪殺対応のにしたら行ってみよう。場所は前にミズチがいたところ。
「GoToHELL~。」ネコマークの帽子がチャーミング。早速戦闘開始。全体呪殺キタ。おっと俺らみんな存命中。ラッキーですねあとはもう大丈夫。フロストくんだと思ってうっかり火炎で弱点狙いがちだけど火炎反射。補助系は持ってないからそこさえ間違わなければ問題ナシ。ボチボチ終了。フロストくんはやっぱり白いほうがよりカワイイと思うぞ。

Lv55 主人公
Lv54 スパルナ
Lv48 ハヌマーン
Lv52 ロキ

作りたてのロキを前に出してます。デクンダ要員も育てておきたいのでしばらくはスタメン。俺誰を作るかand使うかは、スキルよりもそもそもの性質で決める派です。スキルは勝手に付けるから。ロキは「物理・魔法全般・バッドステータス攻撃に強い」ってことでかなり俺好み。なのに今までほとんど使ったことありません。何故かと言うと、非常にモチベーションが下がるからです。だってさ~「おっさん・長髪・マッスル・ふんどし(?)」って、強力な萎え要素を完璧に備えているじゃないですか。全書が充実してたら別の選択肢を取りました。しかしリソースの少ない初周である今回、ルックスや気分で仲魔を選べる状況ではないわけです。・・にしても萎える・・天狗系列がいまひとつとか言ってたけどそれの比じゃないや・・声も野太い・・。

まあ仕方ないです。
仕方ないついでに本筋の展開も仕方ない方向です。そろそろクレイジーになった聖サンに会わないと。なんか買い物あったけかな、せっかく捕囚所来たんだから雑魚化したミズチを洗脳して登録率増やして、と。そんじゃまあ行きますか。ふう。

ターミナル経由で遂にアサクサ。うわあ聖サンてば目が底光りしてます。「世界を作り直すのは俺だ!。」そうですか。俺特に反対とは言ってないデスヨ。なんて言う前に勇に連れていかれちまいました。追います。

やむを得ずまた赤い道in。深界に堕ちる時も赤いけどこっちの方がイヤだな~このどんよりした感じ。人の情念かと思うと益々一層苦手。早く出よう。とか思って走ってるとまたまた出ましたスペクター。じゃなくてデーブ。違うスペクターだって。
相変わらずうぉうぉ言ってますがもうそれどころではないので万能全体魔法でガツガツ。俺ら先攻の1ターン内3アクションで終了。前周に見た無印の書では自爆スキル持ってたらしいけど。必殺技拝んでもやらずスマン俺今急いでるから。

勇を追って神殿到着。あ~またここ来たか~。今まで「分岐は右から」という俺ルールに固執して過去5回とも赤から入ってるけど、出る敵からしても白から行くのが正解っぽいのでお初に真っ直ぐ行ってみよう。
そんなんで次は神殿。一気に3つ行くどー。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

公園からはターミナル経由で直にイケブクロ。おそらくギンザでは聖サンがクレイジーなことになってるのでできるだけそっちには行かない。本営最上階では千晶魔丞。鬼の手にご満悦な様子。タブーかとも思ってたけど通算6周目だから聞いてもいいですかもしかしてサカハギにヤラれちまったりしたのですかどうなんですか。そんで勇はやっぱり童貞ですかそして俺もそうだったりしますか。「美しいでしょう。この手なら掴めるはずよ。」そうですか聞いてないですよね。聞かれない方が良さげでもあり。
どうにもやるせない気分で地上60階から飛び降り、とかして毎周やり残すことがあったような。ああそうだワルのフロストくん。いいやもうちょっとあと。せっかく来たからバイブ・カハ洗脳してあとは飛び降り。この段階で俺まだ呪われてマス。
呪われてるところ邪教館でこんなん作りました。
スパルナ←バイブ・カハ×アーシーズ×2
ロキ←クラマテング×エンジェル+カハク(スキルの為だけのイケニエ)
どっちも初期レベル。スパルナに空き枠2つ、ロキに1つ。どっちも御魂合体でスパルナの方には勝利の雄叫び&マカトラ、ロキにはデクンダを入れとく。勝利の雄叫び&マカトラは引継データのカハクちんから、デクンダはピシャーチャくんから。御魂作る前には解呪しました。

さてと~。また行ってみようかな深界。今度は何か教えてくれますかねイフリート。
またしても呪われエリアを歩く。前よりレベル上がったから今度は楽勝。狭い間でイフリートに再会。「何か教えてくれ。」「後でな。」またかー!!。くそ~一体いつくればいいんだ。第2カルパから進めないやん。こういうものなの??不安だな~。なにか忘れてませんかね俺。・・あ。そういえば第一カルパで開けてないとこがあった。そっちに行ってみよう。

来ました。お。第二カルパの壁の見えない部屋の脇んとこでゲットした鍵でここも開きましたよ。謎のアイテムゲット。墓標に行けと言われたので行ってみる。・・お~。ボスと再戦できるっぽい。別に再戦したくないけど。やらないとなのかな、再戦すると「x回で倒した」とか記録が残る。全部と再戦すると何かがあったりするんですか、でも全部って言っても墓標はこれからも増えそうだし。・・分からないことばかり。

せっかく来たのでそのへんも寄ってみます。カルマちゃんだっけかカルラちゃんだっけか名前の記憶が曖昧だけど結構タイプな獣っぽい霊が「魔人はヨヨギ公園」とのこと。え!そこさっき行ってきたけど。また行かないとなの?てか俺自ら会いに行く必要もないんだよね?それとも戦わないと進まない何かがあったりするのかな??むむう。また謎が増えた。

悩ましいついでに売人の霊のとこにも寄ってみる。もうピシャーチャくんいないし。「買う?。」「じゃ買う。」買いました。早速ストック確認。うわピシャーチャくん!。そうですか以前ピンポイントでピシャーチャくんを指名したのはつまりそういうことですか。にしてもすげえスキルだなこれ。こんなの作ろうと思ってたけどそれを遥かに超える。トラフーリなんて俺的に禁断のスキルかと思ってたんだけど。買った仲魔に付いてるってことはシステム推奨なのか。そうかこのタブーを解いて低レベルクリアを目指してみるのも一興だな。今周は無理だけど。
Lv28 ピシャーチャ:吸血/トラフーリ/エストマ/リベラマ/リフトマ/ライトマ/宝探し/見覚えの成長

こっちを買ったらあっちも買ってみよう。第二カルパにも売人がいたし。そっちの方が興味あるんだよね女神とか言ってたし。「買う?」「買う!。」「ヨシ!。お前いい買い物したな!。」早速ストック確認。ヌエですが。・・どの辺が女神ですか(涙)。でもまあスキルはすごいや。こんなのも作ろうと思ってた。でも自分で作るとどうしてもゴミが入るからこんなんきれいに必要スキルだけは入らない。まあ悪くない買い物かも。ヌエだけど。
Lv31 ヌエ:常世の祈り/メパトラ/クロズディ/ポズムディ/パララディ/ペトラディ/サマリカーム/チャクラの具足

ずいぶんあちこち歩いたし、いい加減本筋に戻りますか。
全然進まないなあ深界。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ミナフシロ方面では「サカハギを追え」みたいな雰囲気。他に行くとこは大体行ったし、行ってみますか。憂鬱だけど。何が憂鬱ってそれは・・まあ行きます。
ガラクタ集めの店がオープンしてて、その奥から坑道と北の神殿に行ける。通りのマネカタが「アサクサ坑道にはこっからどうぞ」みたいな道案内してくれる。そんなん無印じゃ言わなかった気がするんだけど俺の勘違いかなあ。
せっかくだから新規オープンの店に寄ってみる。「なんだ客か。」お~マガタマ3つ。「全部買うよ。」「豪気だね。」「でも会計は一つづつで。」チケット集めないとだから。「・・豪気じゃないね。」ここで一度に全部買えたの初かも。呪われエリアでもらった大金のおかげ。イフリートにまた来いよ、って言われない場合は大金もらえなかったりすんのかな?だとしたら早く行った甲斐もあるってもんだけど。

外に出たら南に下りて改札抜けたら坑道。ここはなんてこともないけど一応全部歩いてMapも出す。間もなく公園に到着。あ~・・ここからが憂鬱。ターミナル向かい奥の小部屋におわしますは先生。面倒な名前の何かを持ってきてくれと頼まれる。どうしようかな~・・。今周は選択肢は心のままにと決めているんだけど、迷う。迷うけど・・心のままに「断る!!。」だってさ~東京の俺ら以外の人間てどうなったわけ、そっちの人の同意はとってないワケでしょ、俺はまあなんだかんだ言ってココ楽しんでるし、勇も千晶もそれなりにやること模索してるみたいだけど、それ以外の人ってどうなってんの。それにさ、1000歩譲って、ブチ壊して殺戮して作り直すしかないっていうんなら、トウキョウだけ丸くなっても意味ないよ。地球全部を巻き込まないと。そう思いませんか先生!。「そう。私はキミを信じて待っているわ。ハイ鍵。ハイさっさと行く。待ってますからね。」・・おんなのひとってなんでみんな俺の言うこときいてないのですか神様。
あ~断っちまったよ。断っても断らなくてもやること一緒なのに、これで多分悪魔End決定なんだよ。そうですそれが憂鬱だったわけです。いいけどねもう。

ヤケクソ気味に公園内走り回り。ここもMap全部出す方針だからうっすら道覚えてても敢えてブッ飛ばされてみたり。鉄塔に登ったところで俺良く理解できないんだけど、せっかくだから真上とか真下も見て「うまいことできてんな~世界」なんて感動したり。ぐるぐる360度見過ぎて目を回してみたり。目が回ってふらふらしてるところを愛しのピクシーたんに「変態ヤロー」と罵倒されてブッ飛ばされて。ひどいなあ俺なんにもしてなかったでしょまだ
ピクシーがハイピクシーになる区画は、ターミナル近辺がこの区画の入り口として、入り口から次の区画に抜ける場合と宝をゲットする場合とで、それぞれに十字or×を誘導しないといけなくて、同じエリアにいながら十字or×を変えるには、南西の屋根1個の通路が便利。しかしうまいことできてんな。真剣に感動。地獄パズルといいMapといい、考えた人はもお神だな。丸顔のカグツチではなくて。そんなことをブツブツ考えながら最終区画。ここは全方向から橋げたの下通ると取るものも取れる。前周にはもう少し詳しく書いたけど、どうせボス戦後には飛ばされずに取るもの取れるので今回はこのくらいで。

区画最奥のターミナルに記録を残して、妖気漂う現場シャッターを開ける。いましたサカハギ。皮の上着なら下も穿いた方がいいぞ俺だってライダーズからスウェットに着替えたんだぞ今は裸だけど。そんなことはともかく大きなおめめがチャーミングなアレが下の方から徐々に・・。殴れないゾウさんデター。
その気で打撃担当のおサルは下げてます。敵がデクンダ持ちなのでまずはカジャ系を。そしたら敵もタルカジャキタ。早速デ。と思ったら誰も持ってないのは何故。あ。それおサルに持たせてたんだった。サル!。おサルオンコット、カモーン!プリーズ!うわいない。何故。そそうかもうハヌマーンなんだったなんでもいいから来て。頼む。などと俺がバタバタやってる間にバフォメットがマカカジャ入れて天狗殿が衝撃高揚付の真空刀ガツガツ入れてくれて終了。サカハギが出てきた頃にはもお俺らマカカジャMaxだからそっちは1ターン未満。

Lv53 主人公
Lv48 バフォメット
Lv47 ハヌマーン
Lv46 クラマテング

戦闘後俺のレベルが上がり、呪われました。そんな俺に妖精の王様が名前の面倒な三角のをくれました。それを持ってもお呪われたまま先生のとこへ帰還。ああまたしても憂鬱な場面。
先生に三角のを渡すと邪神降臨。「自由という名の愚か者よ!」俺スか。あれを怖れるかそれを怖れるかと聞かれます。今まで俺は怖れまくってきました。怖れるか怖れないかで言えば怖れるにしても怖れつつ面倒に立ち向かう気構えはあるのですが、それにしても怖れるは怖れます。だって先生が俺の目の前で首折れた風にカクカク動いてたらもう怖いでしょ、これ以上怖いことないでしょ正直俺今泣きそうだから!。だけどいくらこの邪神が正論野郎でもそんなに先生をカクカク動かすヤツに正直に「怖れます」なんて告白する筋合いも無いんだよなそういえば。「怖れない!!。」
・・とか叫んでみたところでもう悪魔Endは決まってんだろうけど。

妖精の王様にも示唆されたことだし、次はもうひとりの俺の話を聞かないおんなのひとのところにでも行くことにします。は~。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

オベリスク後はターミナル経由でアサクサ戻り。人に会ってちょっとほっとしたり。たとえ虫っぽいおっさんであっても。とかっていずれ聖サンもクレイジーに展開してゆくわけだけど。心の寄り処ナシ。「お前の知り合いが経絡に入り浸ってんぞ。」あ~。あっちがもうクレイジーなことに。「経絡行く?」どうするかな~憂鬱だな~あ、帽子回し始めた。俺が行くって言うまで回すんだよ。「・・行くよ。」「ヨシ!。」

速攻送られました。毎度誘導は期待できないので闇雲に走る。進路が3択で先に行こうとすると進行先を塞がれる場所は、塞がれるのは2箇所なので行きたいところを最後にすればいいということなのかな、通算6周目でこの程度の認識とはどういうこと。バタバタ走ってると抜けちまうので逆によく分からん。東西に抜けた場合に塞がれた場所がリセットされるということだけ確実。

道すがらまたデーブ出現。スペクターだけど。しつこいですねヤツも俺も。しつこい男は嫌われるってモイライの次女が言ってたぞ。再戦して言われたんだけど。群れ集われると面倒だからその前に全体魔法で終了。
そして勇に再会。ムスビの思想について見解を問われる。このへんからコトワリ質問かな。正直ムスビは分かんなくもないんだけど。そんな世界を敢えて作らずとも閉じこもりたい時は勝手にそうすりゃいいんじゃないかな。俺はそうするし。選択肢は3つ。「分からない」ってことで。勇は行っちまいました。じゃ俺も帰還。

いつの間に俺の司令塔と化してる聖サンが街の奥見て来いというのでそうします。新しく通れるようになったとこがあるらしい。奥の施設で宝石箱開けたり地霊に話聞いたり。イケブクロとシブヤに行くといいらしい。行きますか。

イケブクロ本営前の階段のとこで氷川氏に再会。シジマの思想について見解を問われる。悪くはないんだろうけど、退屈も度を越すと衰弱しちゃうぞ。ここは2択なので「いいえ。」

次はシブヤ。サバトか~。マーラ様か~。ディアラハン持ちだから1ターンで倒さないとか~。前まではおさるオンコットの成長を待たずにハヌマーン召還してたっけ。今回初周でそんなことできないしな~。じゃせめてオンコットを御魂強化。
洗脳で集めたチープな素材(<失礼)でサキミタマ作成。上がるのは体と運。直接力を上げる手もあるけど、HPで威力が決まる絶妙剣に賭けてみる。運も上がればクリティカル率も上がるかもしれんし。「会心」も持たせてるし。猿依存おまけに運依存上等。それで行く。

煌天狙ってセンター街の奥へ。お~やってます。愉快なマネカタ2人組に同意してマーラー様召還。旧作には恐ろしいレベルのマーラー様がいたから、その名を聞くと未だビビリがち。出来損ないにしてもあなどれない感じのがどーんと出て戦闘開始。
敵先攻で、うわ~いきなり魅惑状態しかも俺が。鳥より速い俺のいいところは、狂った仲魔が動く前にアイテムで回復できるというそれだけなのに魅惑されててどうするよ。俺が敵を回復してる間に仲魔2体がclose状態。なんだそれ。更におサルなんてcloseに上乗せで魅惑された。うわ~・・ああでもバッドステータスはダブルにはかかんないからcloseは解けたってか。なんだろなもお。
俺の魅惑が解けたところで仕切り直し。敵はデカジャ持ちデクンダ持たずだからまずはランダマイザ連呼。そしたらタルカジャ4回。入れ終わった時点でデカジャされたからめげずに入れ直し。おサルは気合いも溜める。そしたらいってみますか!。1ターン内4攻撃つまり俺とサルの2回づつで仕留められなかったらもうアウト。死にマス。スキルは持ってないけど俺も気持ち上で気合いをためる。いくぞ~!。俺・・サル・・俺・・あ。終わった。

LV49 主人公
Lv46 バフォメット
Lv41 オンコット
Lv43 クラマテング

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ギンザのハイウェイの向こうからニヒロの別施設に入って、中歩き倒して第二エントランスに出る。オベリスクはそっから歩いてすぐ。ちなみに坂東宮もこっからすぐだけどまだまだ入れない。
心には呪われエリアの余韻を抱いてふらふらと塔を登る。一応全部歩いて取るものは取る方向で。煌天待って宝石箱の回りぐるぐる走るから一瞬寝て気が遠くなる。エストマonだと序盤はほぼ敵が出ない。中盤からちらほら。後半はそこそこ。

ついさっき売却した万里の遠眼鏡だけど、箱の中にあった!。ちょっとマジびっくり。もし売ってなかったらコレが2個になってたん?ホント??。これって裏技?無印の引継ぎデータでもらえるものは他にも何種類かあるけど、全部こうなのかな?謎は深まりましたが。とにかくありましたですよ。俺がびっくり。

さてとガツガツ上へ。そんでもって3姉妹戦。長女次女3女の順に部屋は東北西。いっつも長女戦のあと踏み出し違って2度戦ってるので気をつけて。と、こんどは次女戦のあとに踏み出し違えてるし。・・阿呆。結局長女と2度戦う。「そんなに妾が好きなら情夫として飼ってやってもいいが、総司令官の手前そうもいかぬ。」この台詞毎周確実に聞いてんだよ俺。氷川を倒したらまた来てもいいですかなんて毎度うっすら思ってんだけど。

3姉妹の個別スキルを前周に書いてたから一応ココにも。
鬼女 クロト
属性:破魔・呪殺・バッドステータス攻撃無効
スキル:パトラ、ポズムディ、パララディ、ディア、ディアラマ、マリンカリン、マハンマ
鬼女 ラケシス
属性:破魔・呪殺・バッドステータス攻撃無効
スキル:ラクンダ、ラクカジャ、タルカジャ、テトラカーン、マカラカーン
鬼女 アトロポス
属性:破魔・呪殺・バッドステータス攻撃無効
スキル:マハラギオン、マハブフーラ、マハザンマ、マハジオンガ、アギラオ、ブフーラ、ザンマ、ジオンガ


ユニコーンくんがもういないからここに登ってくるまでの間に俺がテトラジャ習得。両デは準備済み。あとはディスチャーム持ってればOK。

戦闘後は逃げた3姉妹を追って上へ。でも途中下にも行けるので行ってみる。バカ高いところから飛び降りれる風だけど降りれないのは無印と同じ。ハイテンションなダンテなら飛ぶかも?。取るもの取ったら上へ。3姉妹戦連携編。

連携時はスキルがちょっと違う。今までデは使われた記憶ないけど持ってるらしいんでこちらも前周の記述から抜粋。太字のが個別戦時と違うスキル。
鬼女 クロト
スキル:ディア、メディア、ディアラマ、メディラマ、デクンダ、マリンカリン、マハンマ
鬼女 ラケシス
スキル:マカカジャ、ラクンダ、ラクカジャ、テトラカーン、マカラカーン
スキル:マハラギオン、マハブフーラ、マハザンマ、マハジオンガ、アギラオ、ブフーラ、ザンマ、ジオンガ


そこそこに終了。呪われエリアの記憶がまだ新しいんだけど、そこに比べたら寝てるようなもん。比べちゃイカンのでしょうね。あそこは特別。

LV46 主人公
Lv45 バフォメット
Lv40 オンコット
Lv42 ホルス

戦闘後は更に上へ。先生救出のこの瞬間だけはドラマチック。なんて思うのも束の間、邪神降臨。
そして先生は邪神と共に消え、俺はひとりとぼとぼ今来た道を帰る。いつもと一緒か。やるせないこの脱力感も一緒。あ、喪服の女のこと聞くの忘れた。
ターミナルの前にはやっぱりいつもの物忘れの霊。そろそろ思い出したろ「運命」て。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ミナフシロまで行ってフトミミ氏に面会してカサハギも拝んで戻ってくると聖サン曰くオベリスクに行けとのこと。そうですか。行くけど。さすがにそろそろユニコーンくんとお別れのタイミング。本来なら捕囚所が終わったあたりでお別れなんだけど、今周はここまでひっぱりました。塔の上まで登って姉妹戦にはさすがにしんどい気がする。そうだそしたら最後に深界行こう。思い出作りの旅(<意味不明)。
どうにも別れがたいというそれだけなんだけど。

ターミナルからさくっと深界。守銭奴に成り果てながら逆にバラ撒いたりして堕ちる堕ちる。カスタネダが非有機的生命体に会ったのもこんな場所じゃないの?知らないけど。俺のイメージではこんな感じ。

さてとまだ行ってないのは、と。B1Fは大きく4つの区分に分かれてて、北東と南西に行ってないとこあり。そこ行ってみよう。
南西の方は子供の霊が「呪われてるから行っちゃダメ」とのこと。行ってみる。お~。HPガツガツ減る。リフトマも効果無し。一旦撤収。北東の方に行ってみる。そっちは「壁の見えにくい間」に落ちる直前の小部屋に出るだけだった。つーことは残すはあの呪われたとこだけか・・。
呪われエリア再挑戦。HP削られまくるから当然魔法で回復。それを繰り返すからつまりここはMP足りませんよ地獄ですかねみんなでHP削られてる必要もないから前俺だけでいいよみんな下がって。って敵出んのかー!!しかもフラロウスとかニュクスとかお前らカグツチにいるはずでは?対峙する俺の推定レベル70代後半のはずですが?ヤバイみんな来て。頼む速攻前に来て。お願い。・・ふ~ギリギリだよ・・。しっかしどこまで行けばいいのコレ。
などとやって四角く歩いて入り口の辺りに戻ってきましたが。なるほど同心円状に内側に入っていくわけか。途中でリタイアもできる、と。どうするかな~かなりギリギリだけど。いいや行く。そう思って踏み出したその足が間違ってた。・・外周もう一周・・。
似たようなことを繰り返して同心円状四角の内側へin。と思ったらトウテツとかアバドンデター!なんで?何故にいきなりカグツチ後半レベル??これはもしかしてまだ来るなって意味?危うい戦闘を乗り越えたけどしかしまた同じのデター!。もうギリギリで戦闘を終えた・・と思ったら続けてアバドン3連隊。もう無理。サヨウナラ。今周2回目のデッド。


生まれ変わって考える。あれはまだ来んなとゆーことなのか、それともあの長くない距離だけ乗り越えろということなのか。深界自体がEXダンジョンだと思えばあせっていくこともないんだろーけど。けど、死んだからな~。負けたままというのはいただけない。こうなるとかえって引けなくないですか。
ならどうするかを考える。必勝法はなんとなく思い付いた。しかし先立つものが足りない。アサクサで有り金はたいてマガタマ全部買っちゃったばっかだし。おとなしくオベリスクに登れってことだよな・・うん。うん理屈はわかった。でも納得いかん。ので、またあそこ行く。依怙地だな~俺。うんそういうヤツなの。
思い出作りの旅(笑)がこんなことになりユニコーンくんに申し訳ないので、最後に呪われエリア外周を一周だけ(<それもまた意味不明)。今度は一周でちゃんとout。これでお別れです(涙)。

さて気分を切り替えて「呪われエリア対策」発動。まず、万里の遠眼鏡売却。5万円也。だって金が足りないんだもんよ。そこまでやって今行く必要があるのかというのはもう考えない。ここでコレ売って、オベリスクの箱にはあるのかどうかというのも確かめたいところではあるし。まあないだろうけど。次、イケブクロの60階でバイブ・カハ洗脳。以上で準備完了。そんじゃ始めますか。邪教館行き。こんなんしました。

カハク×ガキ+ユニコーン→バフォメット(43):マカカジャ/召し寄せ/静天の契り/マカトラ/メギドラオン/勝利の雄叫び/ディア/ランダマイザ
バイブ・カハ×カハク+バフォメット→コッパテング(40):羽ばたき/タルカジャ/勝利の雄叫び/マカトラ/マカカジャ/ランダマイザ/メギドラオン

3段階変異の天狗は全書の登録率増やすためにもやっとこうと思ってたこと。普通に作っては育てるの大変過ぎだしレベル的にももう使えないので、イケニエでガツンとレベル上げ。途中にバフォメットをかましてユニコーンの経験値を2倍にしてます。素材に無印からの引継ぎカハクを多用して、欲しいスキルの継承率を上げる。途中素材になったバフォメットは大金はたいて再度召還。以上で完了。
呪われてる場所用のスタメンはこんな感じ。

Lv43 主人公
Lv43 バフォメット
Lv41 ホルス
Lv40 コッパテング

そもそも「塔とか登り出したら回復の為に戻りたくはない」という(つまらない)主義思想に則ってスキルを選んでいる俺にとってあの「MPが足りませんよ地獄」は対処できる地獄のハズ。
まあハズかどうかは行けば分かるので行ってみる。

ターミナルからさくっと深界。堕ちるとこ堕ちて呪われエリアin。外周1周目はクリア。間違って出ちまわないよう開ける扉に気を付けて2周目in。MPは勝利の雄叫びで確保する戦術だから敵が出なくても困るわけだけど、まあいい具合に出る。戦闘になったらできるだけ一体残して俺がヒーローらしからぬ「吸魔」スキルでMP確保。ピシャーチャくんが「吸血」習得してるけど彼にマカトラ持たせてなかったから今は後ろ。戦闘後に連続して敵が出たときがキツイ。ギリギリのラインで2周目クリア。うわ3周目もあるくさい。でも同心円状に内側に入るわけだから距離は短くなる。・・と。開ける扉間違えた。2周目をもう一度(<バカ)。
・・とかやって抜けた!。呪われエリア脱出!!。

おっとイフリートがぼんやり立ってますが?。「お~こんなとこまで来たんだ。」来いって感じになってると思うけど。「びっくりしたからこれやるよ。大金。」お。マジで大金。25万円也。「あとでまた来いよ。いいこと教えてやるから。」あ、あとでまた?!。また来ないとなのですか!。「あ、あとっていつ?!。」「・・・。」・・無視?!。
マジでこんなん?俺的にはココには鍵があって、次に進めるようになるとか思ってたんだけど。あきらめ切れずに狭い室内をくまなく探索。しかしイフリートがいる以外何も無い。帰り道すらない。今来たとこを戻るらしい。ホントにこれだけ?!うそ~ん。
・・まあ帰りは一方通行の扉も全部開くから、同じ呪われエリアでもショートカット的に短い距離で帰れるは帰れる。

無事帰りましたが。
成し遂げた達成感はあるようなないような。
何かをどこかで間違えてる感が拭えない。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 真・女神転生Ⅲノクターン攻略 3周目 all rights reserved.
このブログについて

kei

Author:kei

真Ⅲ3周目に始めたブログなのでそういうタイトルですが通算11周を経て現在真Ⅳ5周目。

主人公の日記形式という珍妙な企画で始めたけど真Ⅳでは素の語りになってるあたり。ポニーテール侍殿とは意思の疎通がはかれなかった模様。

明日への指針 

過去の戦歴
最新コメント
最近の記事
「3周目」内検索

※ブランク区切りでキーワードを複数指定すると、それらのキーワード全てを持つ記事のみ抽出します

リンク
データ & ツール

葛葉ライドウ対超力兵団 葛葉ライドウ対アバドン王 真・女神転生Ⅲ NOCTURNE  マニアクス&クロニクル 真・女神転生 STRANGE JOURNEY

月別アーカイブ
RSSフィード
ご連絡等

Link Free。ご自由にお願いします。

その他ご連絡は下記ボタンより管理人にメール送信下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。