いまは STRANGE JOURNEY やってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやはやimagine。所感を書こうと思いつつ随分経過しております。思うところは多々あり過ぎですが新参者が語るには100年早い感も拭えず、世間的にはどう言われてるものだろーかとざっくり検索したところ、自分が思ってるよーな感想は出尽くしているようでした。過去から現在までハマってるひと、早々に足を洗ったひと、どちらの意見にも納得できてしまう。
メガテンなんで元はアトラスで作ってたけど、一旦打ち切られて、その後の開発運営は別会社に移管されて開始し今に至る、ということらしい。メガテンらしさと全くそうでなさが極端に混在するのはそういうわけかー。

しかし世間的に色々語っている人と自分には大きな差異があります。それは自分はオンラインもの初だということ。あーゆうのをMMORPGて言うんだって初めて知ったよ。あーゆうのとは「複数のプレイヤーがひとつの世界に参加する」という仕組みのことですが。激しく新鮮で、そして激しく戸惑う(笑)。

今まで自分にとってのメガテンとゆーのは人間関係とは隔絶した部分で、敢えてひとりに沈み込んで考え、練り、妄想し、押し進め、敗退し、再度沈み込んで考え・・と、猛烈にプライベートな作業でした。ブログ書いてたんだからわりとオープンみたいだけど、プレイしてるときは完璧に閉じた世界なわけで。

それが今やMMORPG。うわあ俺の隣を誰かが駆け抜けてゆくう。嗚呼戦ってる俺を誰かが回復してくれましたよ?お礼お礼・・とかやってたら獲物が全部倒されてるじゃありませんかちょっとだけ待ってくれたっていい・・とかゆってるとうわああ襲われてる俺襲われてますが!ああ隣で誰かの仲魔が踊ってる何故?怖!えっ魔法?かな?そそうかスミマセンお礼はええと・・あありがとうでも光り過ぎて前見えません見えな・・し死ぬ・・・死んだ・・どこのどなたか存じない誰か様に復活してもらうべき?いいやもうホームに戻ります経験値ロストだけど。みたいな。

大袈裟に書いたんでここまでドタバタではありませんが。未だクランとかパーティに入らずソロでやっているので、人との接触は少ない方です。それでも知り合いができて、行ったことない場所に連れてってもらったりもしました。ありがたいことです。知り合いとまでいかない人とも助けられたり助けたりもするし、自分が助けた時はずっとその場にいても恩着せがましいかなあなんて思い復活だけして駆け去ってますが、かえって不躾かしらん、などとあれこれ考えることが多いです。

正直、かつてのあの超個人的な時間が無くなったことがストレスにもなってます。でもいくつもする時間はないし、イヤ10分だけ6種類やる、とかなら全然できるけど、何かをやり込みたい派だし。imagineのシステム根幹に潜むメガテンらしさに激しく惹かれてもいます。根幹に潜む程度しかメガテンらしくないのかと言われるとあれですが。まあ旧作のサウンドがまんま使われてたりもするので、うわべの懐かしさも存在します。

ソロでやっててもMMORPGて面白いなあと思う点もあるんですよ。何をするでもなくログインして仮想世界を走り回るだけで、リアルにちょいと街に出た気分になれます。「あー昨日あそこでレベル上げしてたひと今日もがんばってるなーおお装備が更に良くなったみたいだ」とか勝手に思うし。
でもね、そういうのは実世界でありまくるわけで。敢えて仮想で体験する必要あるのか。
でも更にしかし。日常では通りすがりの人とコミュニケーションが発生するなんて稀。例えば電車男になるには勇気が必要だがそれ以前にシチュエーションが必須。その点でシチュエーションはありまくり。要するに下心か?いや違・・

そういえば。逆に自分が助けられたこと有。始めて間もない頃、ヤバイ敵に襲われて逃げてたら自キャラの隣に寄り添って必死に補助連呼してくれたキャラがいて、それがちっさい女子キャラだったもんで、もお緊張して名前見るのも忘れ、今となっては誰かも分からないのですが。

とかってイヤそういうことを期待してやめられないわけではないのですよ!。・・多分・・

ないのですがしかし、人が寄り集まる場所じゃ煩悩も捨て切れず。イカン修行が足りん!とばかりにMMORPGなのに生産職で閉じこもったりもするけど、なんだかんだと結局imagineから足を洗えてないこの頃でした。昔にPS版で再販された「if」やり直したい気もしてるんだけどなあ。
今後は未定のまま続く。それって人生そのもの。


スポンサーサイト

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

なんだかんだとまだやめてない自分がいます・・。だってやめられないシステムになっている・・どういうことかと言うと。

以下ちょっとイヤラシイ話。PSとかのゲームならソフト買ってクリアしたらまず一段落。クリア即ち終了、な人もいるだろうし何回もプレイする人もいる。販売側からすると、極論、そこはどっちでもいい。要は「はぁー面白かった。次作でたらまた買お!」と思ってもらえればOk。ところがオンラインはそうじゃない。延々とやめずにプレイさせることに経営上の意義がある。否定的な意味で言ってるのではありません。サービス提供する側にしたらボランティアじゃないし、仕事としてやってるんだから当然。imagineは基本料金無料なので、導入はボランティアみたいなもんだし、だからこそ余計に長く続けさせて毎月ちょっとづつなんか買うように仕向けないといけない。当然です。

当然ではありますが・・終わりが見えないって辛い・・。辛いとか言うなら即やめればいいのに、「地獄パズルすらあきらめなかった俺がこんなことで引くわけには!」みたいな妙なプライド(<本の通りに入力するだけに一体何のプライドか)がやめさせてくれない。もおホント地獄パズルめいた局面ありまくり。戦って強くなる以外にも生産職のエキスパ上げは決まったパターン連打の無間地獄。とにかく時間かかりまくり。文句言うなら金を払うとちょっとは楽にしてあげるよ的な仕組みも有。でもさ投資したらマジやめれなくなりそうで、未だ無課金で耐えてます。運営側からしたらやな客だな。

ずーっとオンラインゲームやりっぱなしの人を世間では俳人違う廃人なんて言うけど、分かる気がする。可能なら廃人になってしまいたい自分がいる。やりかけたこと投げ出すのは気分が悪いし、この面倒をクリアしたらこうなれると分かっているんだから、一気にやってしまいたい。なんかもうヤバイ。

ま学生じゃないし、なんもしないでゲームだけやってたら電気止まるし、自分の場合は廃人になれないようになってます。ううむしかしそう考えると廃人になれるのは選ばれた人種だけかー・・て羨んでる自分変。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

↓↓少し前までリアルによくあった会話↓↓

「最近何やってる?」
「え、うーん、ノクターン?てメガテン、女神転生なんだけど。あ、ゲーム。」
「ゲームかあ・・」
(しばし間)
「女神が転生するんだ?」
「しない。」
「しねーの?」
「うん。しない。」
「・・へー。」

(数日後)

「それでなんだっけ、女神が転生するんだっけか。」
「だからしないって。」
「女神転生じゃないっけ?」
「そうだけどさ。」
「・・へー。」

(更に数日後)

「でどうなんだよ女神は転生したのかよ!」
「しねーつってんだろーが!!」


↓↓最近リアルによくある会話↓↓

「まだやってんのかよ女神が転生しないやつ。」
「この頃別なのやってんだけど。」
「何。」
「イマジンてゆう、その、あれだ、オンラインのメガテンなんだけど。」
「女神が転生しないやつな。」
「・・まあね。」
(しばし間)
「で、どういうのよそれは。シンプルに言うと。」
「んん~・・」
「あるじゃんホラ『竜を倒して姫を助けて世界を救う』とかさ。」
「あー・・。」
(しばし間)
「分からない。」
「ああん?!」
「分かんないんだよマジで。」
(かなり間)
「・・へー。」


分からないのです本当に。開始後3年だか5年だか経った最近ようやくストーリーが完結したらしいのですが、自分が普段やっていることといったら「経験稼ぎにあそこのダンジョン周回したいんだが装備と武器はどうすりゃいいんだ、ええとあのへんか、そしたらあれとそれを作って更にこれをそうしないといかんな、その為にはあっちで素材を調達しないと・・待てよ素材調達にはツルツルの装備で行くのか?・・やむを得まい」とかそんなんオンリー。
しかしですよ、3年だか5年だかも前からやっていた先達は、そんなにも長い間ひっぱられてたわけで、そこまで長いとやはりもうストーリーに対する意識も薄目だったんではないかと推察するわけです。
結局皆が何をやっているかというと、あのボスをどう効率良く倒すか、とかあのダンジョンをどう速く回るか、などということをパーティやクランの友達と検討し協働し、個々人も切磋琢磨する日々なのではないかと。対人で戦う、などというメガテンらしからぬ選択肢もあるし。

ストーリーが完結したからサービス終了、という気配もないし実際運営の経営的にもそれはあり得ないだろうし。imgineどっぷりやってるとそれで普通のような気がしてしまうけど、世間の人に「お前は何をやってるんだ、それを極めると最終的にどうなるんだ?」と問われると、全く分からない。どうなんだろこれ


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

ごにょごにょ言いながら延々プレイ中だったimagineですが。
遂にやめるときがきたかもしれません。

だって
だってだって

サービス停止してるんだもん(爆)

いやはやココって新参者が語るには語りつくせないほど運営とプレイヤー間のトラブルが多々あって、要は運営が金を使わせようとし過ぎなんだけど。つい最近はFX会社とコラボして「FX口座作って取引すると特別な装備あげます」なんて企画を始め。未成年もプレイできるゲームでそれはさすがにヤバいんじゃないの?と思ったらサービス停止。FX会社とコラボ期間中なのにFX関連のバナーが消えている。なんか指導が入って揉み消し中なのかなあ、公式では「最低1週間メンテ・再開日は1週間後にアナウンス」てことになってるけど、実際再開があるかも怪しい。
コアな人たちは北米鯖に移行中。
さすがにそこまで追いかける気にはならないので、引き際かなあ。国内で移転先探してる人も沢山いるけど、自分はオンラインゲームがやりたかったんじゃなくメガテンがやりたかったわけなので、ここ引退するならオンライン自体から引退します。

今までプレイした個人的な総括としては
「imagineはメガテンではなかった」以上。


基本はソロでプレイしてたけど、パーティ組んで戦って、長時間立ち話するようなフレンドもできて、楽しいこともあったよなあ・・それに最後まで無課金でずいぶんとがんばったよ自分、単純作業に耐え抜いて上げたエキスパもったいね~・・なんて考えると、もし再開したらしたで戻ってしまいそうな気もしたり。


サービス終了を皆が予感してる今、無課金者は口々に「俺は勝ち組」みたいなこと言ってるけど。
そんなん勝ち組じゃないよ。本当の勝ち組はオンラインに手を出さなかったオフゲの正統なメガテンファンだけさ。


テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

どうもご無沙汰しておりました。その後imagineあっさり再開しまして、何気に自分も戻っておりました。恥。なんだかやめないみたいなんですよ自分。もうどうしてくれよう。
ノクターンの頃同様かそれ以上に睡眠時間まで削り、阿呆としか言いようがないです。そんだけやってればネタもあるわけですが、眠過ぎてまとまりません。なのでとりあえず今回は中でも一番どうでもいい話をします。イエもしかすると一番重要な話題かもしれません。それは・・女悪魔のぱんちーの件です。
imagineは3Dです。ライドウのような擬似3Dではなくキッチリ3Dです。なので、全アングルから見れるわけで。そしたら見るわけですよ。ええ見ましたよ。敢えて見ずとも、飛んで付いて来る仲魔のスカートの中は目の端にチラチラ入る。そしたら見るでしょ。ちょっと見えずらかったらナイスなアングルとか探すでしょ。ええ探しましたよ。
クシナダさんは緑でした。キクリんは赤。ティターニア姫はドレスと同じ緑。そしてフレイア・・フレイアさんは・・の、のののの、のーぱんにしか見えないのですが・・?!。噂によるとエルフも同様だとか・・。
真偽の程は各々の目でご確認あれ。(<勧誘?)

俺もう逝ってヨシ

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 真・女神転生Ⅲノクターン攻略 3周目 all rights reserved.
このブログについて

kei

Author:kei

真Ⅲ3周目に始めたブログなのでそういうタイトルですが通算11周を経て現在真Ⅳ5周目。

主人公の日記形式という珍妙な企画で始めたけど真Ⅳでは素の語りになってるあたり。ポニーテール侍殿とは意思の疎通がはかれなかった模様。

明日への指針 

過去の戦歴
最新コメント
最近の記事
「3周目」内検索

※ブランク区切りでキーワードを複数指定すると、それらのキーワード全てを持つ記事のみ抽出します

リンク
データ & ツール

葛葉ライドウ対超力兵団 葛葉ライドウ対アバドン王 真・女神転生Ⅲ NOCTURNE  マニアクス&クロニクル 真・女神転生 STRANGE JOURNEY

月別アーカイブ
RSSフィード
ご連絡等

Link Free。ご自由にお願いします。

その他ご連絡は下記ボタンより管理人にメール送信下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。