いまは STRANGE JOURNEY やってます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
や~。キッツイ。キツイす。
スクナヒコナ戦が終わって第拾一話に入ったところ。スクナヒコナ戦だけでも何回死んだことか。10回くらい?、ココはやり直すにしても戦闘前のフリが長いし、負けて死ぬのも大体戦闘開始後30分過ぎた頃だし、なんつーのか、忍耐力でもない、ふつうのRPGとはちょっと違うところが試されてるかんじ。なんだろうな絶対止めない執着心?よくわからんけどとにかくヘトヘト。最後までいけんのかな、かなり不安。

やり始めて気付いたこと。自分の前準備が一部間違っていた。
仲魔のパラメータ各値が2倍にまで増やせるのはノクターンと一緒なんだけど、何の2倍かというのが違うのでした。ノクターンは(元々の値+成長して増えた値+香)の2倍までだけど超力兵団は(元々の値+香)の2倍でした。なのでノクターン時のようなパラメータ打ち止め作戦(パラメータ20に達したとこはMax40にして成長分は他に回す)は意味がないんだった。今回打ち止め作戦を途中までやりかけちまった上に、前準備でカルテに仕込んだ仲魔のパラメータが一部20を超えて香投入されてて、無駄に高値になっていた。あーなんかもお初周からやり直したいほどに残念。可能な限り合体の手間を省くべく、前周にガツンといいのを登録しておく、ってゆう作戦だったのに。とほ~。

第拾話までの経過は簡単にメモってるので日記風に書けないこともないんだけど、クリアできるかわかんないので(<まだ言ってる)どうしようかというところです。超モードでとりあえず始めていけそうだと思えた時点で書き出そうと思いつつ、第11話まできてもまだ確信が持てないという。
んなかんじで中間報告でした。ではまたいずれ。


スポンサーサイト

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

よ、ようやく終わり・・。

すかてぃさんこんばんわ、返信遅れまくりですいません。ココ見る余裕もなく、勝手に追い詰められた感じで、いっぱいいっぱいでした(^^;。今になって思うことですが、準備や作戦にも色々不備や勘違いがあったようで、日記書いてもあんましおもろいことにならなかったかもデス。ようやく今頃になって、ちょっと分かってきた。分かってきた気がするぞライドウ。新作はまた違うんだろうけど。

最後の最後まで、メインのお供はトートくんでした。弱点狙ってナンボのこのシステムで、俺もお供も単純物理。のみ。それって楽しいの、と聞かれそうな。ラストバトルは敵が多数出るので、それなりに複数の仲魔を呼んだけど、太陽の塔ぽい最終形態との戦いはライドウとトートくんのみで終えたので満足。全パラメータMax40まで育てた甲斐があったよ(<結局そういうことをやっている)。

超をクリアした今思い返すと、やっぱスクナヒコナ戦が一番しんどかった。属性4種が弱点な敵に対して単純物理のみで挑むってかなり無謀。分かっちゃいるんだけど、この戦いのみのためになんか作るのって気が重いナーなどと思ってゴリ押ししたわけだけど。与えられるダメージが微々だから戦闘終了まで1時間もかかるし、その一時間の中で一回大きくしくじったら終わり。こりゃキッツイ。次またやるとしたらここどうするか考えものだなあ。またやるのかがアレだけど。どうだろう。ようやく分かってきた気がするのでやらないと損だけど、こんなことばっかやってていいのかという気もシマス。さすがに自分ゲームやり過ぎ(爆)。

終えたばかりで記憶も新しいところで、ラストバトルの要所を俺メモとして以下。
ノーマルモードの時は多少のダメージ覚悟で体当たりしてたけど、超でそれやると即死するので、どうダメージを与えるかではなくどうダメージを喰らわないかということに特化してます。

・伽耶戦 - 他人まかせ
 物理無効の誰かに一任。道すがらひろえるリリス姐さんとかネビロスとか。合体事故でできた物理のレギオンが超強くて、自分はコイツに任せました。レベル22なのにテンションたまるの早くてあっという間に戦闘が終わる。びっくりした。

・戦艦戦 - それなりに
 ラクシャーサとリリスにはクダン、アラハバキにはトート猿、戦艦本体にはスサノオを当てる。クダンはパワーとクラマテングを合体させてザンダイン継承させただけのやつ。いい合体技持ってないけど銃撃吸収だし、まあヨシ。戦艦本体に天命滅門数回喰らわせても雑魚戦は3回繰り返す羽目に。

・手戦 - 逃げのアクション命
 うまく逃げる。それに尽きる。モーショボのみに攻撃させて両手クリアしたこともあったけど、丸一時間もかかり、次の戦闘まで自分の緊張感を持続させることができない為、サンダルフォンで再戦。衝撃高揚付竜巻、合体技で真空刃、ライドウは銃で応戦。これだと30分くらい(<半分だけど充分に長い・・)。トートくんに殴らせると寄り過ぎて手にすくわれるのでNGでした残念。
戦法としては、書によると片手づつ推奨だけど、両手残ってた方が殺線から逃げやすいので自分は最後の最後まで両手残しておく派です。

・最終形態戦 - 4属性に弱点のないヤツ命
 太陽の塔の真ん前にいるとして、手前左右のどちらかに走って逃げれば超力死界からは絶対に逃げられる。属性攻撃は防御してればまあ大丈夫。メギドは来る直前に走ってその場を去ればこれもまた確実に逃げられる。メギドは文字表示が出ないけど、太陽の塔の顔色を見ていると分かる。属性魔法攻撃の時は顔色がその属性の色になって口を開くけど、メギドの時は口を開かずに顔色がバカ青くなる。「怒り心頭真っ赤すら超えて青くなってもうたわー!」て感じ。相手がそんな顔色になったら仲魔を帰還させて即逃げ。相手の顔色をうかがうのが生き延びる秘訣とは深いナー大人のゲームだナーなどと感動しつつ終了。
エンディング、ジャズのリズムに乗せたブルーススケールのソロラインがイカす。エンディング専用のサウンドとはなんだかありがたい。猫だった初代が今度は鴉になって戻ってきた気がするんだけどどうだろ。ライドウは伽耶ちゃんとうまいこといくってことでいいんですかねメガテンじゃあり得ないHappyEnd、ブラボー。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

「さすがに自分ゲームやり過ぎ」などと(<全くその通り)言っていたくせに、現在超力兵団3周目で既に回廊まで来てたりします。いやホラこないだ連休あったし・・などと誰に言い訳してもアレですが。今回はノーマルモードです。超のときのストレスを晴らす如くにガツガツと進めました。いえね、3周目をやりたかったというよりは、超をやり直したくて、その為に準備からやり直したかったんですが、超モードで準備って、非常にやりずらいのですよ召還代7倍だし麻雀儲け額半分だし消費MAG3倍だし。準備だけのために丸1周やり直す自分もどうかと思うけど、でも最近周り慣れしちゃって、一周くらいたいしたことないような気分がしたりもします。狂ってる。

今ライドウ旧作をやってるひとがいるとも思えないですが、データとして仲魔一覧を追加しときます。エンカウントして、コイツの弱点何だっけ~という時に、攻略本を見ればいいんだけど、毎度それやって特定の頁を探すのめんどくさいので全悪魔を一覧で見たいなあと思い、自分用に作ったやつデス。元Excelファイルだけどメニューのコマンド一発でhtmlになった。すげえなExcel。てかしごとしろよ俺。ほんとにね。旧作を超モードでやり直しつつ、このブログ本来の主人公語りでやってみたいなあなどとも思うのですが。どうなることやら。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

年末に部屋掃除したせいで魔剣になだれ込んだわけですがそもそも何をやっていたのかというと旧作ライドウなのでした。次周の超向けに並で準備して最終戦残すのみなんだった。なので終わして超へ。しかし魔剣にハマり切ってたせいで、自分で思ってたはずの留意点が曖昧。おまけに感情的な方はウエオさんエンジェルズに向かってたので、ほぼ左脳だけ使って一周了。はー終わった。それで?みたいな。

今となっては周回中の記憶すら曖昧なので(健忘症か)あと一周だけして最後にしようかと。せっかくだから超で。5周目か~。並超並超超。よくやるね。さすがに新鮮さは薄れ気味なのでデータ重視で行きます。


準備段階で思ったことつーか留意点、書いておきます。過去に自分で書いてるんだけど、仲魔のパラメータ各値が2倍にまで増やせるのはノクターンと一緒だけど、ノクターンは(元々の値+成長して増えた値+香)の2倍までなのに対し超力兵団は(元々の値+香)の2倍。追加メモとして、ライドウの「魔」によって上がる仲魔のボーナス分はその2倍を超えてもOKみたい。このボーナス分が終盤にはALL+2程度付くので、Max38程度に見積もっていいかも。つーことはつまり、香でALL19程度にしとけば、将来的にALL Max40が見込める。にしてもあんまし香投入すると召還額が上がるのでほどほどが吉。

周回中に香を集めるには、口調がヒーホーかありんすの仲魔で赤い結晶を取る(しかし確率低い~)とか修験場ぐるぐる走って拾うとか(やったけどだるい~)いろいろあるけど、ライドウのレベルが40以上45未満の時に仲魔のレベルアップアイテムとしてゲットするのが一番確実かも。レベルの低いのを育てれば楽。ライドウがこのレベルのあたりって呪われてたり、塔に登ってたりしがちなので、忘れて逃すともったいない。

以上を踏まえて超力兵団最終周突入。

いつメガテンに戻るんだー!。

テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

小生本名は伏せるが、ライドウの名を継ぐ14代目召還師である。世間的には一介の師範学校学徒であるのだが、鳴海氏の元で探偵業を手伝う傍ら、ひそかに帝都の平和を守っている。どう考えても忙し過ぎる。学業に勤しむ間など微塵も無い。
なのに今回もまた超ライドウを襲名した。3回目である。並も含めると通算5周目と相成る。
我ながらご苦労なことだ。

事件の顛末は鳴海氏が記録しているのだが、今回直接調査に携わった者の視点で記述を残せとのことである。書き物は苦手な故、当初は初代に執筆を依頼した。「我輩は猫である名前はゴウト云々」とベタに始まったのはいいが、甲が乙がと記述が難解なことこの上ない。もう少し平易に、と進言したら機嫌を損ねてしまった。なのでやむなく筆を取る次第である。捜査の概要はファイルにあるのだから、小生の記述はデータ的な覚書に留めるとしよう。

そういうわけであるから、意味も薄いデータ取りをしてみた。小生のパラメータ「力」が初期6のままで、一度の回転斬りでゾンビに与えるダメージ量を記録したものが下記である。

Lv1 12
Lv2 13
Lv3 14
Lv4 15
Lv5 16
Lv6 16
Lv7 17
Lv8 18
Lv9 19
Lv10 20
Lv11 21
Lv12 22
Lv13 22
Lv14 23

パラメータが増えずともレベルが上がるだけで微妙に強くなっている。しかし確実に微妙である。

特筆すべきはむしろ、Lv14まで力を一切上げていないという点かもしれない。実は修験場時点からLv14に至るまで、「魔」以外は一切上げていない。この段階では全力で「魔」を上げないと、何者も召還できないMAG無し地獄に陥るが故である。Lv15に至り、ようやく「力」をひとつ上げてみた。

Lv 15 26

強くなった。とも言い難い数値である。

それ以上にどうでもいいデータである感も否めない。



テーマ:女神転生・ペルソナ - ジャンル:ゲーム

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 真・女神転生Ⅲノクターン攻略 3周目 all rights reserved.
このブログについて

kei

Author:kei

真Ⅲ3周目に始めたブログなのでそういうタイトルですが通算11周を経て現在真Ⅳ5周目。

主人公の日記形式という珍妙な企画で始めたけど真Ⅳでは素の語りになってるあたり。ポニーテール侍殿とは意思の疎通がはかれなかった模様。

明日への指針 

過去の戦歴
最新コメント
最近の記事
「3周目」内検索

※ブランク区切りでキーワードを複数指定すると、それらのキーワード全てを持つ記事のみ抽出します

リンク
データ & ツール

葛葉ライドウ対超力兵団 葛葉ライドウ対アバドン王 真・女神転生Ⅲ NOCTURNE  マニアクス&クロニクル 真・女神転生 STRANGE JOURNEY

月別アーカイブ
RSSフィード
ご連絡等

Link Free。ご自由にお願いします。

その他ご連絡は下記ボタンより管理人にメール送信下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。